2015年

5月

04日

コントロール

みなさま、こんにちは。

 

ゴールデンウィーク真っ只中、いかがお過ごしでしょうか。

ことあことをご利用いただいた皆様が、新しい発見と喜び溢れる素晴らしい旅を味わい、充実した日々を過ごされていることと思います。

 

自分は決して充実している状況ではないという方もご安心ください。

変えることはいつでも可能ですが、その前に現状を知る必要があります。


人生の中で生きづらい時期というのは少なからずあるものです。

あなたの人生の中で大いなる変容と霊的成長を迎える直前の時、それが充実していない時期ともいえます。

 

充実していない時期の場合、いくつかの要因が考えられます。


過去の自分の意識や言動、行動により、自分の現状でもたらされる内容が決まります。もし今、自分は恵まれていないとか、幸せではない、充実していないと感じているなら、あなたが過去に作り出したあなたの意識や言動、行動のすべてが今現在の状況に反映されていると捉えるとよいでしょう。


これは一般的な要因として最も多いかと思います。



逆に、いつも自分にも、他者にも心温かく、平和的に生きてきたにも関わらず、現実世界ではなぜか恵まれず、なぜかよい方向に変化せず、元気が出ないという場合もあるでしょう。


この場合、原因の一つに憑依体質による影響が考えられます。

 

天使などの高次の存在とつながった後は、自分に戻り(センタリング)また必要があれば、こちらからの問いかけにより天使などが介入してきて、いつでも祝福されたガイダンスが寄せられます。こうしなければならないという制約はなく、いつでも自由です。


憑依の場合ですと、ある人間(場所など)に必要以上に同調にしたり、もともと自分が元気ではない時にそれと出会い、自分をプロテクトできる強いエネルギーを持っていないがために憑依されてしまうことがあります。


高次の存在と憑依の明らかな違いは、自由と支配です。


天使などはあくまでもこちらからの問いかけでやってきて、こちらが望まない限り、長居あるいは勝手に居座ることはしません。これは個人の自由意思を尊重しています。


しかし、憑依の場合ですと、個人の自由意思は尊重せず、ある人間の思考や心身にまとわりついてきて、いつまでも離れず支配・コントロールし、その人間がワクワク喜ぶ生き方から遠ざけます。

とり憑いた側が当然悪いように思われがちですが、そこに同調しすぎた人間にも双方に問題と意味があったといえます。



支配とコントロールが思考にまとわりついている場合は、いわゆるマインドコントロールになりますので、考え方や言動や行動、ひどい時は顔つきまでも、まるで憑依しているその人格のようになります。


何はともあれ、自分が崇拝する人の考え方や言動、行動を無条件に、必要以上に信じ込み、それらを他者から否定されるようなことがあると不機嫌になったり、怒りをあらわにします。しかし本人は何かにとり憑かれているという意識は無いため、マインドコントロールされていることにはなかなか気づきません。



マインドコントロールを解除する方法には色々ありますが、まずは自分の現状を振り返り、すぐにでも解除する生き方を選ぶ必要があるでしょう。



どんな魂にも自由意思があります。


それぞれの魂がこの地球で実行するべき目的がありますが、あなたが悲しむ、傷つく道を自ら選ぶ必要はないのです。


ネガティブに憑依しているその存在は、光の存在、高次の存在を極端に嫌います。


魂が本来全うするべく喜びを邪魔されることのないよう、あなたは自分で自分を強くする必要があります。



エネルギーワークは自分を強く、優しく、神聖な光であなたを包み、この旅が豊かなものとなるよう導きます。


高周波のエネルギーの回路があなたの中にできればできるほど、その分あなたは強く、美しく、本来あるべき姿に純化され、今生の旅を楽しむことができるのです。


あなたは何者にも支配され、依存して生きる必要はなくなり、自分の足で地球に立って目的と使命を果たすことができるしょう。

 

 

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター