2015年

6月

05日

予備知識はいらない

みなさまこんばんは。

 

スピリチュアルな世界に興味があって情報を収集したくなることがあるかもしれません。

 

今の時代、あらゆる情報がいくらでも自分で気軽に調べられますから便利な時代ともいえるでしょう。


会社などに所属している場合であれば、データや数字、業績、結果を重視する物質世界なら、その方が仕事は捗るかもしれませんが、スピリチュアルな世界では予備知識は必要ありません。


 

なぜなら、スピリチュアルな世界は、頭で考えて理解する世界ではないからです。

 

自分が知らない物事に対して、先入観や固定観念、頭を酷使する「癖」ができている人の場合、自分の頭の中にある正解を探して良いか悪いかの判断を下そうとします。

 

自分という人間を本当の意味で知らず、信頼していないと、自分が目にした情報や自分が実際に体験したことが、頭へ入れ込んだ情報と異なる場合、自分が実際に体験したことは間違っている情報と捉え、否定しようとします。

素晴らしい体験をしているにも関わらず、それを軽視し、なかったこととして無意識に処理したりします。


たくさんの情報を頭に入れこむよりも、自分が実際にそれを体験したこと、あなたの心はどう感じたか?が間違いのない確かな情報であり、それがあなたにとって何よりも信頼できる唯一の証拠なのです。

 

人と同じであること、同じ反応を願う、あるいは、人と一緒でなければ何もできないという場合、自分という人間を本当の意味で認識できておらず、自分という人間を完全に信頼していなかったり、自尊心に絡んだ根深い望ましくない問題が潜んでいる可能性があります。

 

自分に劣等感を持ち、持っている人から足りないものを補おうと躍起になって、自分の方が上か下かと奮闘し、疲れた結果、自分のせいにして必要以上に苦しむ人、常に他者や物事のせいにして責任逃れをしようとする人など、子供時代からの自分を含めたくさん見てきました。


エネルギーは純粋です。そのエネルギーを使う人の意図がどこに向いているかによって、エネルギーの体感までも変わってきてしまいます。

 

もし何らかのエネルギーワークの回路を持っていて、長い期間続けているにも関わらず何も感じられないとか、変化も何もないという場合、あなたの中に根深いブロックがある可能性が高いでしょう。

 

エネルギーを感じられないだけの原因があるのです。


 

エネルギーをしっかり体感できて、物事も、今生にも、いい変化を起こすには、自分の傷をしっかり癒し、自分という人間をとことん知り、自分という人間に信頼を寄せるための新たな行動と経験が必要です。

 

自分に自信がなくても、いつも人生を楽しんでいるなら何の心配もありません。

 

でもあなたが人生を楽しめないでいるなら、それは魂からの注意信号ですので、人マネではなく、今すぐ自分の意思で自分にとって必要な行動を開始してください。

 

 


コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター