スピリチュアルの世界

私が教えるスピリチュアルの世界は「愛」がメインテーマで、平和と自由、そして美しい世界を皆さまにお伝えしています。

 

ここでいう美しい世界とは、人任せに、なあなあでだらしなく生きることなく、という意味も含んでいます。

平和で自由とは、自分や他者を認めて尊重すること、こうあるべき、こうしなければならないなどの制約に縛られることなく、自分の旅を自分らしく楽しみながら前進することを意味しています。

 

そして「愛」。

私たち魂が持つ純粋なもの、無上のもの、無限のもの。

 

愛があることで誰もが救われ、その愛を自分以外にも贈ることができて、それは双方にとって最高の贈り物であることを学びます。

 

これら「愛、平和、自由、美」を今生で体現し、他者の役に立ちたい願う、素晴らしい魂たちが私の元に集まってきます。

 

私は単にエネルギーワークを伝授するだけでなく、上記を踏まえその魂にとって必要なことを伝えます。同じことを何度もいいません。その魂が初めて自分で納得して、自分から行動・実行に移すまでは、見守り、待つしかないのです。

それが「自由意思」です。

 

魂は、自らの意思によって行動を起こし、自分の肉体で体験して初めて成長し、変容を迎えるのです。

 

私から見れば遠回りに見える旅であっても、その魂にとってはその時その時が最善で、そのプロセス自体が学びとなっているのです。

 

 

スピリチュアルの世界を、苦行や試練が伴うとか、カルマの清算と捉えネガティブな印象を持っている人はまだまだ多いです。

 

この観念が自分の中に根付くことで、いつまでもそれらを自分の人生に引き寄せ続けているのも事実です。いわゆる負のループ、負のスパイラル状態です。

 

生きること、人生とは・・・苦行や試練、困難が伴うという観念があることで、100%自分の人生に苦行と試練、困難を宇宙にオーダーして招き入れている、ということを理解しましょう。

 

そしてそれは誰でもない、100%自分発信で宇宙にオーダーをしていて、自分の人生に招き入れているわけですから、自分の観念が変わると、自分が望む生き方や姿になれるということも知ってください。

自分をポジティブに変えていくという「やる気」や「熱意」は自分の中からしか出てきません。

 

 

ただ、ネガティブなサイキックコードの繋がりやマインドコントロール、憑依がある場合、レイキなどのエネルギーを流す度に(ヒーリングやアチューンメントなど)肉体に独特の動きが出たり、拒絶やうつ症状のような状態を示す場合があります。

 

この場合、望む変容やアセンションが著しく遅いという特徴があり、根本的な解放が最優先事項となります。

 

今が生きにくいということは、それまでの生き方を改めたいという魂からの叫びです。

 

過去の完全なる解放とヒーリング、浄化が必要です。

 

 

 

 

 

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター