エネルギーの回路ができると浮上するもの

 

これからの自分の人生を良くしていこうと、ワクワクした気持ちでエネルギーワークの伝授を受けて、セルフワークに取り組み始めると、その魂にとって最も不必要な一番最初に解放する必要のあるブロックや思考パターンが浮上してきます。

 

セルフワークや講座受講が進まない人の大きな原因として、ブロックが浮上することによって手放せずに長引いていたり、家族にエネルギーワークを始めたことを言えないがために一人の時間がなくてワークが進まないというお話を聞きます。

 

思うように言えない、表現ができないというのも凝り固まったブロックです。

自分の中にブロックを持っていていいことは、ほぼありません。

 

なぜ家族や周囲に言えないのか?というところが問題なのですが、理由としては「言えば家族(周囲)が心配するから」とか「スピリチュアルなことを理解してもらえないから」とか「変に思われるから」などの理由をあげられます。

 

実際には家族や周囲にはまだ聞かれてもいないのに、すでに自分の頭ではそのように決めつけて考えている思考こそが固定観念を持っているという証拠なのです。

 

これは、自分が相手からどう思われているかとか、相手に拒絶や否定をされることに強い抵抗を持っていたり、相手の顔色や世間体を常に気にしながら生きているという証拠でもあります。

 

実際に言ってみるとスムーズだったりします。

 

上記の例からいえば、家族や周囲に言えないような、心配されること、変だと思われることにお金を払って習っているということになりますので、自分が習い始めた本当の意図とは真逆の観念を持ち合わせていることになります。

 

自分の人生を良くするために、自分で決めて、自分で取り組み始めたことですから当然良くなっていきます。あなたが日々楽しそうに、充実して過ごしている姿を見て、家族や周囲は心配や不安になるのでしょうか。

 

むしろ、あなたが日々明るくなったり、充実して過ごしている姿を見て、家族や周囲は心配どころか、安心するのではないでしょうか。

 

自分の意識の中に少しでも疑念や不安、心配があると(この場合エネルギーワーク)相手にも100%それが伝わります。

 

自分の意識の中に、エネルギーワークに対する疑念があるということは、良くしていきたいと願いながらも矛盾した日々を送っていることになりますので、サイキック能力は思うように活性化しないことがあります。

 

 

いつも人の顔色をうかがったり、世間体を気にする思考パターンや固定観念が自分の中にあることに気づいて、自分で解放しなければこれらの癖は解消されません。

 

そして、人間は加齢と共にどんどん柔軟な考え方ができなくなるものです。

固定観念と保守的な生き方になっていくのは人間の特徴ともいえるでしょう。

 

家族と同居している中でスピリチュアルなことや、セルフワークをするためには、自分がスピリチュアルなことを学んでいることを家族に申告しておくことで、随分と楽にワークができると思います。

 

自己肯定感がないと、自分の人生を良くしていこうと自分で取り組んでいることですら、家族や他者に堂々と言えなかったりします。これは自己否定感が強く、自尊心が低いためです。

 

自己肯定感ができて自己価値が上がると、誰にどう思われようが堂々と自分の信念を言えたり、自由に表現ができるようになります。

 

私たちは他者の人生を歩むために地球に来たわけではなく、地球という3次元で肉体を持って、人々と共存しながら、自分の魂の学びのためにここへ来たのです。

 

エネルギーの回路ができるとすぐに浄化とヒーリングが始まりますので、あなたが人生を歩む上で不要なネガティブな思考パターンは解消され、より豊かで、快適な今生の旅が始まります。

 

旅は楽しむためのもので、あなたが行き先を決めて、あなたの準備が整った時、

そこへ向けて出発できます。

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター