2016年

8月

30日

体感よりも重要な意味を知る

 

私はレイキを伝授する際、プロセスを楽しむことを教えています。

 

このプロセスを楽しめない人は、スピリチュアルの世界を理解できず、高次元からもたらされる予期せぬ采配に気づけなかったり、エネルギーワークの醍醐味を理解できないでしょう。

 

レイキなどのエネルギーワークで、自分に体感がないことを気にする人がいますが、そもそも何故に体感をそれほど求めているのか?自分に確認してみるといいと思います。

 

自分に体感がなくても、他者に行えばその他者を通じてレイキの流れを目の当たりにすると思うのですが、自分には霊的なことが何も見えない、感じないということをいつまでも気にする人というのは、体感がないことを気にしているのではなくて、体感を得られない自分を否定している状態で=自己否定をしている状態で、ありのままの自分や現状をありのままに受け入れられない人特有の思考パターンなのです。

 

「ありのまま」「ただ存在すること」を受け入れず抵抗しているということです。

 

自己肯定感が高まるとこれらは改善されますが、エゴ的に生きていたり、根深いブロックがある時の特有の思考パターンでもあります。

 

そして必ず、自分と他者の状態を比べては、できていない自分をまた否定して、被害者意識になったりして、自己価値を自分でどんどん下げていきます。

 

体感がないことよりも、自己否定の思考パターンがある方が問題で、自己否定がある限り何をやっても欠乏の意識に囚われてしまいます。

 

 

私たちの姿形・個性が異なるように、発する周波数も全く異なります。

成長過程や今生での目的・役割も個々の魂によって異なるので、むしろ体感が人と同じということはないのです。

 

しかしながら、人から聞いた話やネット上で公開されている情報にすぐに振り回されて、それらが自分に当てはまらない時、自分はできていない、違うと自己否定する人は多いものです。

 

これは、サイキック能力全般(チャネリングスキル、ビジョンなど)に同じことがいえます。

自分が決めた、自分が理想とする姿・形に自分がなっていない時、自己否定がある人はその型が全てになって自分を当てはめようとします。

 

これは、インナーチャイルドが原因です。

 

 

スピリチュアルの世界は目には見えない世界です。

私たちが暮らす物質世界とは真逆の世界ですから、スピリチュアルの世界を自分の頭にある知識や経験、自分が決めた型にあてはめて理解しようとすること自体に無理があります。

 

インナーチャイルドや根深いブロックがあると、恐れの観念が根付いている為、エゴに左右されやすくなります。そうすると、固定観念、既成概念に頼って生きるようになるので何でも頭で考えて結論をだそうとします。

 

スピリチュアルの世界は、心で感じる世界です。

頭で考える世界ではありませんので、頭で考えれば考えるほど望む答えは出てきません。

 

目には見えない世界と繋がり、目には見えないエネルギーを使って起こる出来事は、常にミラクルで、マジカルで、完全なる至高の善としてやってきます。

 

数十年生きた人間の知恵では絶対に浮かばない優れた叡智が、完璧なタイミングで高次元主導で運ばれてくる、それがスピリチュアルの世界の醍醐味です。

 

 

 

どんな自分も好きになる、どんな状況にも柔軟に対応できる自分作りのプロセスがセルフヒーリングや瞑想です。

 

体感やサイキック能力を感じられない人は、自分の中に否定的な思考パターンが根付いていることに気づいて、充分にセルフヒーリングや瞑想を行ってください。

 

なぜ体感がなかったのか、後にわかります。

 

 

 

 

 

 

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター