体験すること

 

何かを選ぶ時、直感的にすぐ選ぶ人と、情報を調べに調べてじっくり検討して決める人、調べた結果やめる人など色々いると思います。

 

この中で一番成功体験をしたり、自分が望む形を掴みやすい人は、直感的にすぐ選ぶ人です。

 

誰もが自分の仕事での成功を望むと思いますが、成功体験をするためには失敗体験が必要です。

 

失敗体験があるからこそ、より良くするための知恵を絞って努力し、新しい取り組みを始めることで最終的に実を結び、自分の望む形となって成功体験をします。

 

 

私は今の自分が在るのは、多くの失敗体験をしてきたからだと自負しています。

高校を卒業した時から「これからはとにかくたくさん体験しよう!」といつも感じていました。

今にして思えば、それはハイヤーセルフの声だったと思います。

今の私を創り上げるには、並々ならぬ浄化と体験が必要だったのだろうと推測できます。

 

 

人生が充実していない方へ、私が一番言いたいことは、自分が少しでも興味があることには「恐れずすぐに体験してほしい」ということです。

 

体験なくして、前に進むことも、望む形も、成功も、成就も、繁栄もありません。

 

人生がいまいち充実していない人の意識というのは、否定的あるいはマイナスのに意識に傾いているからで、すぐ決められないとか体験することを恐れるのは、体験によって失敗するのではないかという意識が潜在的に根付いているからです。

 

この状態では現実でも確実にそうなり続けます。

 

失敗を恐れて保守的に生きていたり、石橋を叩いて渡ることばかり考えていると、肝心要のあらゆる出来事のタイミングがズレてきて、自分が望む引き寄せはまず難しいはずです。

 

引き寄せの原理をただ知っているのと、体験して実践しているのとでは雲泥の差が生じますが、実際、スピリチュアルの世界のことや、引き寄せのことは知っていても、現実世界に自分が望むものをしっかりと引き寄せる人が少ないのは、知識に頼りすぎてそれに見合う実行や行動に移していないからです。

 

 

私たちの意識が、知識だけで変化することはなく、たった一つの体験で簡単に意識がポジティブに変化します。

 

難しい本をどれだけ読んで知識を増やしても、それは脳のシワにはなるかもしれませんが、本人の意識の向上や意識を変えるという意味では難しいのです。

その証拠に、自分にあるブロックは、本を読んだり、人から聞いた話しだけで解放することはできないはずです。

 

TDLやUSJは体験型エンターテインメントの典型ですが、最近のセミナーやワークショップでも、参加者体験型の形態をとることが多いのは、参加者の意識を簡単に変えることができるからです。

 

私たちが地球に来たのは、3次元であらゆる体験をして成長と変容をするためです。

 

意識を根底から変えるには体験するのみ。

 

腹を決めて動いてください。

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター