手放せないブロックもある

 

地球で生きる上で、幸せを願いながらも、自らをアンラッキーな状態に置いたり、生き方がいつも行き詰まりを招くものがあります。

 

それは「執着」と「依存」です。

 

傷、トラウマ、ネガティブな思考パターン、繰り返す行動パターンなど、一人で気づいて解放できるものと、できないものがあり、これは本人の潜在意識次第です。

 

インナーチャイルドや過去世から持ち越してきたブロックでも、客観的に気づいて解放できる場合もありますが、私たち人間には防御反応として備わっている機能、エゴがある為、多くの場合、完全にすべてを解放することは不可能です。

 

完全にすべてのブロックを解放してしまったら、地球で学ぶ意味がなくなりますので、それは肉体を離れることを意味しますので、ある意味危険ともいえるでしょう。

 

日常生活に支障がない程度にブロックが残っている状態でも、毎日が笑顔で、幸せで、豊かで、充実して生きているならそれでいいのです。

 

 

ブロックや傷、トラウマ、ネガティブな思考パターン、繰り返す行動パターンなど、なぜ解放できないのかといえば、それを持つ人が解放を拒んでいるからなのですが、解放を拒んでいる状態というのは=その状態に執着している、その状況に依存しているからなのです。

 

自分を良くしていきたいと願いなら、実は本人はそこから自分を出すことを拒絶していて、その状況に置かれている自分に慣れている為、間違った安心感を持っており、それが潜在意識下にインプットされています。

 

潜在意識にインプットされている、ということは「潜んで」いますので自分ではなかなか気づけず、それに伴った言動・行動パターンを無意識に繰り返してしまいます。

 

 

本来私たちは、この3次元の地球に苦しみながら生きることを選んできたわけではなく、より良い生き方、何不自由なく、幸せに生きることを目的に地球に来たわけですが、ここを誤解している人が非常に多いと感じます。

 

その思考パターン自体が自ら作った幻想なのですが、これに取り組んだ人は真実を知り、楽で満足のいく人生、充実した人生を送ります。

 

 

地球に時間という概念があるのは、今回与えられたこの肉体で生きている間に無条件の愛や幸福になること、自由になることを学ぶのに限りがあるためです。

 

このことに早く気づいて、今すぐ「幸せになることが今生の学び」だということを知ってください。

 

あらゆる「執着」と「依存」を手放し、これ以上ネガティブな状況に自分を置くことをやめて苦痛とさよならしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター