2016年

11月

13日

物理的に用いても改善されないのは

 

何かを改善したり、最善の結果を引き寄せたい時、物理的なものに頼りすぎると、その効力を半減させる場合がありますが、目に見えることと、目には見えないこと(=宇宙の法則や概念)をバランスよく取り入れることで、現実世界に容易く最善をもたらすことが可能になります。

 

オラクルカードやフラワーレメディなどのスピリチュアルツールは、一般家庭で個人でも自由に使えるスピリチュアルツールではありますが、

 

オラクルカードの場合、解説書に頼って解説書の内容を読んでばかりいるなら、解説書なしでチャネリングによるガイダンスの受け取りは不可能になります。

 

フラワーレメディの場合なら、ブロックの根深い人が日常的に5フラワーレメディ(レスキュー)を常用していればブロックはひっきりなしに浮上し、ブロックの根本原因や解放の仕方を知らないがために、それらに対応できずバランスを崩す場合があります。

 

すべてのブロックを5フラワーレメディで解消しようとする人がいますが、自分のマイナス感情や性格型に、必ずしも5フラワーの波動がマッチしているとは限らないので、根深いブロックだけが浮上してきて、自分で自分のバランスがとれないとか、5フラワーを長い間飲用しているにも関わらず、現状やマイナス感情や性格型が全く改善されていない人というのは、まさにこのケースにあたります。

 

物理的に何かを用いれば、すべてが改善されるというわけではないのです。

 

例えば、同じフラワーレメディを自分の家族と共有するという人がいますが、基本的にフラワーレメディは一個人で使う方がより効果的だと私は思います。

なぜなら、自分が解消したいマイナス感情や性格型と、家族全員が解消したいマイナス感情や性格型は異なるので、選ぶレメディやその効力も全く異なると考えられるからです。

 

そしてレメディは、それを使う人の波動を使うたびに吸いますので、1本を何人かで共有して使っていると、その人たち全員の波動を吸っていることになりますので、レメディ自体の波動が変化、劣化しやすいと考えられます。

 

一個人のマイナス感情や性格型をヒーリングするレメディを選び出し、それを段階を踏んで飲用することで、無理なく、苦痛なく、穏やかに、自然に、効率よく解放できるのがフラワーレメディの特徴です。ここを知らない人は多く、ただレスキューだけ飲めば効くと思って飲んでいる人が多いように思います。

 

フラワーレメディを初めて購入する場合は、専門の知識や経験を持つプラクティショナーに、事前にカウンセリングしてもらってからボトルを選定してもらうことをお勧めいたします。

 

波動論やエネルギーに関する知識、スピリチュアルの世界について幅広い知識を持つプラクティショナーからカウンセリングやリーディングをしてもらい、そこで選んだボトルを飲用することで、見違えるようにポジティブな変化が現実に起こります。

 

フラワーレメディは10年以上前にもブームがきましたが、ブームで終わり、いまだに一般大衆化していないのは、レメディを扱う人がこうした波動論やエネルギーワークの知識、そしてスピリチュアルの世界についての幅広く、正しい話をできる人が少ないからだと私は思います。

 

フラワーレメディなどの自然療法、エネルギーワークが主流となる時代はすぐそこまできています。

 

早く習った人ほど、その知識や経験が糧となりものをいいます。

 

目に見える物理的な世界と目に見えない精神世界、両方を知って統合する時代です。乗り遅れないように。

 

 

 

 

 

 

 

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター