淡路島と神戸の旅―その3―

 

淡路島のおのころ島神社、伊弉諾神宮、神戸市内の一宮神社~八宮神社をすべて廻り、私の中での主要な神社巡りは終わったと思っていました。

 

「さあ雪深い札幌へ帰ろう!」と、神戸空港へ向かいましたら、札幌の大雪にぶつかり、乗る予定だった飛行機は欠航となりました。

 

この時点での振替便の最短日は12月27日と言われ、そこで私が一番最初に思いついたのが

 

「高取神社に行ってない・・・」

 

でした。

 

「高取神社」とは、今回の旅行前に、神戸市内の神社を調べている時に気になった神社なのですが、なにせ一宮神社~八宮神社までは結構な時間がかかったので廻れませんでした。

 

どこの航空便も天候がそんな状態だったので、しかも時期的にクリスマスや週末を挟んでいることから航空券も高騰していました。明らかに泊まった方がいい印象でした。

 

そんな中、ちょうどメールがきたIさんに現状を伝えたところ、延泊するならホテルの手配を早くした方がいいと教えていただき、いわれるままにホテルの手配をしました。

 

Iさん、その節はアドバイスいただきありがとうございました!

 

約2時間半並んで手続きを終えて、神戸市内に戻りました。

 

翌朝一番に「高取神社」へ向かいました。

 

鞍馬山、円山に続く2016年三回目の山登りになりました(笑)

 

住宅街を抜けるまで上り坂を20分、そこから舗装された道をずっと登って頂上を目指します。

山茶花

 

途中放し飼いの鶏の群れが・・・

2017年の干支

かなりの至近距離で見ましたが、毛艶とか、放っているエネルギーが美しい鶏たちでした。いる環境がいいのでしょうね

 

視線を感じたら猫もいました

この猫たちも毛艶がシルクのようにサラッサラで素晴らしかったです

スリスリ攻撃されました

 

 

上空には大きな雲の塊が現れて光がさしていました

眺めがどんどん良くなって空気が美味しい

動物たちとふれあいながら、高取神社までもうすぐかなぁ

 

到着~~

飛行機が欠航して、今日ここへ来れた(呼ばれた)意味が自分の中で繋がりました

社務所にあった掛け軸

宮司さんに許可をいただいて撮影させていただきました

 

 

若干雲はありますが、神戸市内を一望できる絶景で、空と海と山が一つになって空気も最高でした!

登って良かった~~(結構汗だく)

 

宮司さんや近所に住むご年配の女性と色々話ました

「歩くのが早すぎる、運動でもしてはるの?」とその女性に聞かれたましたが、確かに、まさか山登りになるとは思ってなかったので準備もせず、大きい荷物を持ってくの字になるような急こう配をすごい速さで楽に登れたのは、神々のサポートがあったからだと思います。

 

お話をした近所のご年配の女性は、ゆっくりのペースですが週に数回ここを登ると聞いて脱帽でした。

宮司さんが親切にも貴重なお箸をお土産にくれたのですが、肝心の写真を撮り忘れました(汗)

 

 

 

ここからはひたすら下山です

 

下山途中に気づきました↓

 

 

下山途中、朝から何も食べていないことに気づき、三宮(中心部)で絶品ラーメン食べちゃいました

最高でした

 

 

つづく

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター