素直になれるかどうかが分かれ目

 

望ましくない状況にある時、私たち人間はその状況を受け入れられずに抵抗し、事態を長引かせたり、痛みや困難を自ら伴います。

 

 

事態を受け入れる、認める

 

他者を受け入れる、認める

 

 

とはいえ、

 

わかっちゃいるけど、

 

簡単に受け入れること、認めることができない時ってありますよね。

 

むしろそれが人間にとっての地球のレッスンなのですが。

 

 

受け入れたり、認めることができないのは、

 

そもそも自分が素直になってないからです。

 

受け入れよう、認めようと、頭ではどんなにがんばっても、長年習慣化された思考パターンには歯が立たないでしょう。

 

気づけばまた、同じような人が目の前に現れて、同じ問題をくりかえすことにもなりかねません。

 

 

他者、状況、事態、あるいは自分を受け入れたり、認めることができない時は、

自分は素直さを失っていると捉えたらいいです。

 

それって、

 

人として魅力ありますかね?

 

可愛くないですよね?

 

そのような人の周りに人は集まってくるでしょうか?

 

 

口うるさい誰か、家族の確執、やりにくい同僚や意地悪な上司、愛情表現のない夫や恋人、パートナーがずっとできないこと、愚痴の多い友人、失礼な知人、いつまでもよくならない経済状態、痩せない自分の体形、

 

残念ながら、すべてが自分で引き寄せた結果です。

 

文句を言えば言うほど、人はあなたを敬遠し、あなたが抵抗している限り事態はずーっと変わりません。

 

それどころか、事態はもっと悪くなるでしょう。

 

自分が反発、抵抗を感じる時、自分の生き方や思考を変える時期が来ていて、

あなたは自分に、他者に、ただ素直になって、向き合い、解決するだけで楽になります。

 

 

どれほど最善のアドバイスをもらっても、素直に聞き入れない、抵抗する人というのは、自分で自分の首を絞めていることに気がついていません。

 

それでは、ますます自分を追い込んでいき、状況も悪化を招くのです。

 

思考が頑固で素直さを失うと、いつも面倒なことにフタをして、先延ばしにしたり、周囲にやってもらおう、変わってもらおうとします。

 

それは、傲慢な生き方そのもので、エゴの声しか聞こえないからそうなります。

 

素直になれなくなった自分に気づいて、自分を解放するだけで楽になります。

 

 

今生を楽に、幸せに、思い通りに生きるには、不要なプライドを捨てて

 

『ただ素直になる』ことです。

 

どんな自分も素晴らしいことを身をもって体験してください。

 

それが地球に来た意味ですから。

 

 

 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター