サロンにお客様が来ないのは

 

念願のサロンや教室、お店を始めたのにお客様がさっぱり来ない・・・

 

何ででしょう?

 

 

1. 広告を出していないから・・・

 

2. まだ経験が浅いから・・・

 

3. 競合がいっぱいいるから・・・

 

 

1つ目の広告を出していないから。

確かに、広告を出せば費用対効果を高く見込めるでしょう。

経費をかけれる人はそうすると良いと思いますが、最初から広告にお金をかけられる人は限られると思います。

 

 

では、2つ目のまだ経験が浅いから。

一般的に、数をこなすうちに経験が培われるとか、お客様の評価で一喜一憂する人はこう考えます。しかし、ただでさえ数をこなすだけの予約もなく、集客もできていないのに、この先一体何年かかるのでしょうか?

そのうち、維持するモチベーションも下がってきて疲れて廃業する人が多いのがこれです。

 

 

最後の、競合がいっぱいいるから。

この意識を持っている時点で、遅かれ早かれ店じまいすることになるでしょう。

なぜなら、ターゲットを間違えているからです。常に周囲と競争を続け、周囲の情報に惑わされて、振り回されて、そのうち疲れてきて店じまいに追い込まれるでしょう。

 

 

そこじゃないんですよ、原因は。

 

 

特に、

2つ目のまだ経験が浅いから、という意識がある人というのは、お客様からお金を頂戴すること自体に抵抗がある人ですので、そもそも仕事として成り立ちません。

 

だってお仕事ですから。金銭授受が発生しますので。

 

そのわりに、フタを開けてみたら『お金はほしい』という矛盾した意識を持っていたりします。

 

それは=お金のブロックを持っている状態です。

 

自分のサロンやビジネスをやる前に、自分のブロックや傷、トラウマを克服することが先決です。

 

経験が浅いという劣等感や罪悪感を持っている、自己価値の低い人のところに、お客様はお金を払いたいと思うでしょうか?

 

自分がお客だったら、そこにお金を使いたいですか?

 

です。

 

 

経験を積んでから何かしようというのではもう遅いんです。ひと昔前のエネルギーと今のエネルギーは違いますから。

 

その考えでは、今の時代にフィットしないので、タイミングやチャンスもどんどん逃します。

 

地球の時間の流れは、どんどん加速しています。

 

自分が今できることを精一杯、楽しく、感謝の気持ちを込めて取り組むことで、

初めて見えてくるものがあります。

 

失敗しない生き方など、地球の生き方ではないと私は思います。

 

 

失敗を苦い経験として、後悔しながら続けるのか、

 

失敗を笑い話にして、成功のための一プロセスとして捉えるのか、

 

 

この違いは、その後の人生を大きく左右します。

 

 

魂の学びという意味では、失敗など一つもないのです。

 

物事をポジティブに受け止められない、そのネガティブ思考がすべての根源であり、問題を生じさせているのです。

 

『今』を充実させて生きることができないなら、未来に喜びは存在しません。

 

健全な自尊心が低いと、起業してもお客様もお金もいつまでもついてきません。

 

健全な自尊心を高めることは、宇宙の無限の豊かさを受け取ることでもあるのです。

 

古くて役に立たなくなった思考パターンに固執するのではなく、

自分をのびのび解放することに投資して、宇宙の無限の恩恵を受け取りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター