最強のおまじない

 

先日、指先にささくれができていたので、普通に爪切りでカット処理しました。

 

数日後、指に違和感を感じましたが、放っておきました。

 

さらに放っておくと、痛くて、見ると指先が腫れていました。どうやら処置方法が悪かったようで化膿していました。

 

ここから私の検証が始まります。

 

腫れた指先が、日常でこれほどぶつかるかというぐらい、腫れてから中指の役割がいかに大切かを思い知らされました。

 

とにかく痛い、早く治したいので、まず、ダイコウミョウを使いました。

すぐ治るど思いきや、中指はそれに抵抗するように、ますます腫れてくるではありませんか。

よけいに痛くなりました。

 

次に、

毒素解放の浄化のエネルギーを使いました。

中のうみを出せば早く治る!と思った私は、腫れた中指を無理に絞って中のうみを出そうとしました。

中指はどす黒くなって、指先だけ丸くなりマッチ棒みたくなっていました。

 

 

ここで私は気づいたのです。

私は、自分の体から送ってきた大切なサイン”ささくれ”を、強制的に排除しようとしていました。

 

ささくれができても、日常的な症状として放ってしまいがちですが、調べてみると、ささくれは乾燥だけが原因ではなく、運動不足や栄養バランスが崩れている時に出る症状だったのです。

 

そうです、私の体は私が『運動不足と栄養バランスが崩れていますよ』と教えてくれていたのです。

 

私は毎日教室で座りっぱなしなので、ものすごく運動不足でした。忙しさにかまけて栄養バランスが崩れていたのも確かに!でした。

 

 

そうです、私が腫れた中指に向かって最初に言う必要があったのは、

『ありがとうございます』だったのです。

 

どす黒くなった中指さん、細胞たち、私の体『ありがとうございます』・・・

 

ジンジンしていた痛みは、嘘のようにどんどん引いていきました。

 

翌日、中指は白くなって完全に痛みもなくなり治癒に向かいました。

 

いや~体って素晴らしい。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター