2017年

2月

28日

ファラム

 

今朝3:30、ある存在を感じて目が覚めました。

 

いつもの高次元の存在とは異なる雰囲気でしたが、とても爽快な気持ちになったので心をオープンにして、ただ委ねました。

 

地球の中へ中へと吸い込まれるように、どんどん入っていくビジョンが見えた後、

記憶がなくなり、時計を見たらもう6:30になっていました。

 

起きてきて、ミコトレイキをフルに使い瞑想をしました。

 

 

ミコトレイキの特徴の1つに、高次元と地上の橋渡し(チャネリングスキルの向上)があるのですが、

 

日本の神々が見守る中、”ファラム”という名のガイドが登場し、必要なビジョンを見せてくださり、最後まで一緒にワークしました。

 

数日前、私はレムリアのリーダー:アダマと久しぶりに繋がり、懐かしくて温かい愛と気づきをいただきました。

 

その繋がりからか、今日はそのファラムと共に瞑想を進める形になりました。

 

 

ファラムは、地球の地底都市と宇宙の間を行き来している存在のようで、見た目は私たちが想像するいわゆる宇宙人の姿で現れました。

体にピッタリした服を着て、目の大きなファラムは、身長は約1mくらいだったと思います。

 

 

ファラムは、自分たちや高次元と交流をする地球人が増えていることをとても喜んでいて終始にこやかでした。

数日前、私がアダマと繋がったことも含めとても喜んでくださいました。

 

地球での生き方に迷いが生じた時、孤独を感じた時、地底都市に住む高次元の存在もいること、いつでも呼んでほしいこと、姿は見えなくても感じられること、今私が体験していることそのまますべて、他の人たちにも伝えてほしいとファラムはいいました。

 

特別な人だけがファラムのような宇宙のガイドや、地底都市の高次元の存在と交流ができるのではなく、誰でも交流ができること、繋がることで心が軽くなったり、楽しい気分になったり、心が安らぐこと、慰めを求めてもいいことを教えてくれました。

 

地球人に必要なことは『心を開くこと』、目に見えない高次元を否定する前に、いつでも自分と他者を愛で満たしてほしいといいました。

 

私たちが1つに繋がっている様子、宇宙に浮かぶ巨大な楕円形のムースの一部がちぎれては合体したり、または肥大化したりして、やがて眩しく輝くところを見せられた時は、私のハートチャクラも振動しているように感じられ、とても愛おしく感動しました。

 

私がこの仕事をしている間は、多くの人の、目に見えないことへの誤解と恐れを解くファシリテーターとして共にいると激励をいただきました。

 

私と繋がった人、このブログを読んでいる人、今日のこの内容に共感する人は誰でもそうなるのだといいました。

 

 

彼らと繋がるのに必要なことは、恐怖心を捨てて、心を開き、ただ委ねることなのですが、急にはできない人が多いと思います。

 

刷り込みと固定観念、物質主義的価値観によってできなくなったのです。

 

私はこれこそが日本のカルマだと思っています。

 

 

『愛』についての理解がなければ、やがて心が枯渇します。

 

自分を良くするも自分、悪くするも自分、

 

です。

 

スピリチュアルの世界に対し、拒絶、否定、懐疑的な人は、最も愛が枯渇している証拠なのです。

 

私たちは「命」を全うするためにここに生まれました。

 

自分を再発見して活発に生きましょう~~!

 

 

3月15日をもって下記の講座の対面・出張講座を廃止いたします。

ディバインヒーラー講座

エンジェルヒーラー講座

シークレットプログラム

 

 

スピリチュアルの世界を1から丁寧に学べる!

 

しかも、

 

対面で学べる最後のチャンスです。

 

毎回起こる、言葉では表現しずらい楽しい不思議体験♪

 

あなた自身で体験してくださいね!

 

どうぞこの機会をお見逃しなく♡

 

コンタクトフォーム

 

 

 

 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター