情報にお金を払えるか

 

今日から3月ですね~!

 

梅が咲きましたよ♡

 

今日は、情報にお金を払えるか?について語りたいと思います。

 

インターネットが普及して、知りたい情報がいつでも好きな時に自由に得られるようになりました。

 

その分、だいたいのことは無料で情報収集ができてしまう為、情報にお金を払うという意識の人はほんの一握りのように思います。

 

 

情報にお金を払う人というのは、自己啓発や自己投資を惜しまない人で、向上心の高い人起業家、自営業の人が多いでしょう。

 

うん万円~うん十万円のセミナーでも満席となるのは、その場所に、その人に会いに行くことに価値を見出し、その人の話がその後の自分の仕事や生き方に良い影響をもたらすことがわかっていて、わざわざ貴重な時間とお金を使ってその情報を買っているのです。

 

その人がこれまでに培ってきたその経験と、決して独学では学べないことを情報料として支払うわけです。

 

無料で情報を得る意図と、わざわざその場所へ出かけて、お金と時間を使って情報を得る意図とでは、そこに込める意図が全く異なります。

 

ということは、結果も必然的にその意図次第というわけです。

 

なので、何かを学ぶ時に本を読むだけでなく、ぜひその場所へ足を運んで、自分で見て、聞いて、体験する方が、その後の自分の人生で長きに渡って役立ちます。

 

 

私は洋服を購入するお店が決まっているのですが、そのお店に三浦さんという販売員の方がいて、私に似合う服を選んでもらっています。

 

自分では絶対に選ばない、似合わないと思っている服を彼女はいつも選んでくるのですが、それがいつも絶妙に私に似合ってしまいます(笑)

 

私は長く着れたり、飽きない服、着回しができたり、着る度にこれ買ってよかった♡と思える服がほしいので、彼女に情報料を払って洋服をコーディネートしてもらっているのです。

 

 

しかし、いわゆるファストファッションのお店ではこうはいかないわけです。

 

ファストファッションの販売員さんなら、服が安い分店内はいつも混雑していて、販売員も忙しいので、お客につきっきりで接客販売をする必要はないわけです。

 

 

自分で上手に選べる人はいいと思いますが、結果、安物買いの銭失い、また似たような服を買ったり、いまいち素敵に見えない服を選んでいたりしないでしょうか(笑)

 

そんな私もブラっと寄ったお店で、一人で選んで勢いで買った服は、持っているものと着回しができなかったり、素材や縫製が雑だったりして飽きて、結果的に大事にしないんですよね。

 

そんなことをくりかえした後、私が気づいたのは『1点でも何か服を買う時はやっぱり三浦さんのところに行こう!』でした(笑)

 

 

自分に似合う服やお気に入りの服は、どんどん愛着が湧いて大事にします。

 

どこに価値を見出すかは個人の価値観によると思いますが、自分に似合うものや、好きなものを好きな時に買いたいけど、お金がないという方、

 

あなたはまず『お金のブロック外し』に本格的にとりかかる必要があるでしょう。

 

お金のブロックがある限り、最高のものを手にすることはなく、知ることもなく、

いつもせこく、節約を強いられる人生になるでしょう。

 

最高のものを知らないと粗悪品を掴みやすくなります。

 

最高のものを知っているからこそ、それが値段ではないことを知り、

 

値段に関係なく、最高のものをいつでも見極められ引き寄せるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター