そこから何を学んでいるか

 

人は、苦手なこと、嫌いなこと、忍耐を強いられるような状況に置かれた時、逃げたくなるものです。

 

しかし、逃げるのも、退くことも簡単で、いつでもできます。

 

二度と同じ問題を繰り返さないためには、その問題を消化する必要があります。

 

逃げる前に自分にこと細かく聞いてほしいのです。

 

『なぜ嫌なのか?』→『やりたくないから』→『なぜやりたくないのか』→『面倒だから』→『ほんとにそれだけの理由か?』→『前にやった時失敗したから』あるいは『やったことがないから失敗しそうで』とか『失敗して恥をかきたくないから』等々、

 

そっか!私は恥をかくと思ってほんとは怖かったんだね!と、自分の本音がわかるまで最後まで自分に聞いてあげてください。

 

多くの場合、『恐れ』から生じており、世間体に妙に囚われていたり、異常なほどに高いプライドだったりします。そうであっても決して責めないでください。

 

苦手意識がある時こそチャンス!、今こそ最優先すべきがその課題なのです。

 

逃げれば一時的に楽になるかもしれませんが、のちに同じ問題(あるいは人、出来事など)がどこまでもあなたを追いかけてきます、どこまでも、です。

 

その度、あなたは不愉快な思いをして気分が悪くなります。

 

 

地球という星が人間という姿で学びと成長を目的とする星なのに、逃げて成長を拒んで生きていることになりますから、成長を促すような困難で厄介な問題が次々起こるようになります。

 

嫌な物にフタをしていつも逃げる人というのは、逃げる癖ができているので、あらゆることにも逃げ腰で無責任になります。

 

嫌なこと、苦手なことが目の前に起きた時こそ、自分を大きく成長、変容させるチャンスがきたのだと捉えましょう。

 

 

嫌な状況が訪れても『自分はこの問題から何を学んでいるのか?』をいつも意識し、気づいた時、見違えるほど素敵な自分に変身します。

 

 

その機会が多い分だけ、魅力や才能が引き出され今より楽に生きられるようになります。

 

1日の終わりに感謝の気持ちを持って眠れるよう、自分を慈しみましょう。

 

これほどシンプルで安全で確実な、誰にでも即効性のある美容法はないでしょう。

 

『いるだけで』ポジティブな影響を与える素敵な人になります。

 

 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

  ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター