コントロールしない

 

何不自由なく、自分らしく生きる上でインナーチャイルドのヒーリングは不可欠です。

 

『インナーチャイルド』という言葉を知っている人は多いと思いますし、

『私のインナーチャイルドはこれだろう』と認識している人もいると思います。

 

残念ながら、知っているだけでは現実は何も変わりません。

 

実際、私の教室でインナーチャイルド講座を受講した人は、その後何不自由なく、思いのままに再出発した人は多いです。

 

インナーチャイルドがヒーリングされることで起こる出来事は、私たちの常識の範疇を超えており、私自身も自分の体験を通してその影響の大きさには驚きました。

 

自分が思った以上に影響が大きかったので、オリジナルの講座を創ったほどです。

 

ありえないこと、いわゆる奇跡が普通に起こるようになります。

 

 

インナーチャイルドのヒーリングに着手したにも関わらず、現実で望む結果を実感できていない人は、ヒーリングが充分に行き渡っていないと推測します。

 

昔は、それほど公の場でインナーチャイルドの存在や、スピリチュアルについて語られる機会はなかったでしょうし、あっても一部の専門家に限られていたように思います。

 

昨今の第一線で活躍される成功者の多くは、インナーチャイルドの重要性を説いていますし、あえて公の場では口にしていなくても、ご自身の自己啓発としてインナーチャイルドのヒーリングに着手したご経験を持つ成功者は多い印象があります。

 

 

インナーチャイルドがヒーリングされていない人の特徴の一つに、何でも自分の思い通りに、関わる人や状況をジャッジしたり、コントロールしようとする傾向があります。

 

ジャッジやコントロールする人=エゴに支配されていて、かつ中庸がない人です。

大変傲慢な印象を人に与えることが多くなり、実際に人からあなたは傲慢だと指摘されたなら、かなり顕著だということです。

 

分を弁えず、というとイメージがしやすいかもしれません。

 

会社や組織内に、このような人がいると煙たがられるので注意が必要です。

 

自分をコントロールしようとする人を嫌悪する人も、相手と同じように自分の中にコントロールしようとする要素があるわけで、それで双方が磁石のように引きあって出会っています。

 

言ってもらえるだけまだいいと思います。

 

人間、自分を客観視できないからこそ、周囲がそのような形で教えてくださいます。

 

相手を責める前に、自分の傷やトラウマ、ブロックを癒して、他者から誤解されない自分、どんなことにも感謝できる自分を育みましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター