才能とは

 

『自分には才能がない』と思っている人は多いと思います。

 

一般的にいわれる才能のイメージは、社会的に認知されていて何か大がかりなことができる人をイメージすると思いますが、才能とは誰もが持っている性質であり、それは自分が自然にできていることの中にヒントがあります。

 

例えば、一つの仕事やある業界で長く働いている人なら、会社や周囲の評価はどうあれ、その仕事その分野は才能に通じているのです。

 

但し、日々のストレスとセルフイメージの低さから、自分ではそうは思っていない人が大半でしょう。

 

 

その才能は、自分ではいつからか自然にできていることなので、自分の才能だと認知していない場合がほとんどだと思いますが、それが自分の才能だと気づかされる決定的な瞬間があります。

 

自分は自然にできているので他の人もそうだと思ったら、実はそうではなかった、という経験はないでしょうか。

 

この時が『自分の才能に気づいた時』です。

 

 

自分ではいつからか、無理なく自然にできていることなので、それは磨けばより良いものになります。

 

磨けば磨くほど、長い期間携われば携わるほど、その精度は上がり、

 

探求を続ければ続けるほど進化を遂げ、それは誰にも真似できない素晴らしいもの、感動と喜びを生み出します。

 

それは自分だけでなく、結果的に周りの人を喜ばせることにも繋がります。

 

 

『あなたは○○が得意だよね~』

『××で羨ましい~!』

『あなたは△△が本当に上手だよね!』

『どうやってそれできたの?』とか、

 

あなたが他者から褒められたり、聞かれることが多いことを思い出してみてください。

 

自分が自然にできていることが他者も同じようにできるとは限らないのです。

 

むしろ、あなたは自然にできていても他者は苦手だったり、

あなたが苦手とすることをいとも簡単にできてしまう他者もいます。

 

 

他者の才能に触れた時は、ぜひ本人にリスペクトの気持ちを伝えてみましょう!

 

その人が自分の才能に全然気づいていない様子でしたら、自信を持って教えてあげてください。

 

 

あなたの魅力を引き出す最強の武器は、磨いた分だけ光り輝き無二の価値を生み出します。

 

気づけば気づくほど、才能を増やすことも可能です。

 

レッツトライ♪

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター