違和感は棚卸と決断の時

 

人生を生きる上で大切にしたいこと

 

私の場合、いつ、どこにいても、誰といても、自分らしく生きることです。

 

頭で捉えることが常識になってしまって、人としての原動力である心で感じることがあまりにも鈍感な世の中になっているように感じます。

 

何でも即席で得ることが当たり前となり、際限なく求め続ける先には、終わることのない不足感と怠惰で傲慢なエゴが残り、負のスパイラルをくりかえし崩壊も免れないでしょう。

 

 

何年経っても同じ悩みが尽きない、いつも愚痴る人というのは、ずっと変わらないし、実は変わることも望んでいません。

 

表面上ではその状況が嫌だと言いながら、自らそこから逃れられなくしている人は実に多いです。

 

何年も同じ問題、同じことに対してずっと不満をもらします。

 

このような人は憑依を疑ってください。100%憑いてます。

 

 

ストレスは文句を言って解消されるものではありませんし、それを聞く人にネガティブで粘着性のあるエゴのエネルギーを感染させます。

 

 

人生で違和感を感じる時は『さぁ生き方を変える時が来たよ!棚卸と決断しよう!』と魂からのサインだということに気づいてほしいです。

 

違和感が出てきたら、

『ゴミを解消する時』

『自分を取り戻す時がきた

 

と腹をくくって行動に移す。

 

だたそれだけのことです。

 

でも多くの人は、自分が感じた違和感をスルーして、生活や世間体を気にして我慢します。

 

会社員として働く人が在籍する会社に違和感を感じ始めたら、これまでの自分の在り方を見直して、決断する時なのです。

 

そうでなければ、自分で起業して自分の思い通りにやればいいのです。

 

極論、起業できないなら今いる場所でやることやって、結果を出すまでそこから逃げないことです。

 

 

難しく見える環境の下、どれほど心を込めてその問題に取り組んだか?によって、最善の未来はすでに決まっています。

 

どう反応するかは個人の自由ですが、良くなりたい人は今までのやり方でうまくいってないのですから、これからもそのままではうまくいかないということです。

 

 

地球で勉強するためにわざわざ転生したのですから、臨機応変に自分を鍛えていくしかありません。

 

 

地球で自分を鍛える=実地

 

 

現場でいかに体験をしたか。

 

 

自分に内在する根本原因は、自分でも忘れていることがたくさん存在しています。

 

 

自分の肉体と創造力を使って課題に取り組みましょう!

 

地球で望む生き方をするための基本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター