”いいね”の数じゃない

 

私のプライベートの仲間たちは自営が多いのですが、最近連絡をとっていなかったある友人のことをふと思い出しました。

 

その友人の顔が浮かんだと同時に『今精神的に大変な状態・・・』と感じたので、念のため連絡をとってみました。

 

 

案の定、予想は的中してしまいました。

 

 

友人は起業して7年になるのですが(スピリチュアルとは無関係の職種)この度お店を手放すことになったのだそうです。

 

私と年齢が近いのですが、お店を譲ったお金で全く畑違いの整体の学校へ通って、1から新しい場所でやり直すということでした。

 

正直なところ、この友人は出会った時からセルフイメージがかなり低い人で、お金に対するブロックも強烈でした。同業他店のことをいつも敵視していました。

 

 

自分の強みや本来の姿を全く理解できていないと、私はこれまでにも何度か伝えてきました。

 

そして、友人はお店のフェイスブックを持っているのですが、”いいね”は1000ほどもらっており、900人もの人が友人をフォローしていました。

 

 

ポイントカードを作って渡したり、来店されたお客様により良い店作りの為のアンケートに協力してもらったりもしていました。

 

今年に入ってからは、新しい技術を身につけようと学んだり、成功者の本を読んだり、自己投資もしていました。

 

でも、店は閉めざるをえなくなりました。

 

 

私が言いたいのは、この友人のように、たとえ”いいね”を1000もらっても、経営難に陥る人は陥るし、店じまいする人もいる、ということです。

 

もちろん、成功する人も世の中にはいます。

 

 

唯一の家賃収入が得られる貸家を所有していても、1年以上借り手が決まらず、生活が厳しいと友人はいつも口にしていました。現在も決まっていないそうです。

 

しかし、不動産会社には広告費として支払いが生じる為、借り手が決まるまでの間、ずっと掲載してもらうわけにもいかないでしょう。

 

 

スピリチュアルの世界のこと、宇宙の法則を知らないと、せっかく作り上げた数字も無意味に終わってしまいます。

 

そして、お金のブロックがあると、いくらやっても、やってもやっても、

いつまでたっても、お金はついてきてくれません。

 

 

これからの時代、スピリチュアルの世界や宇宙の法則を知らないで生きることは、時代の流れに逆行する形となり、ハードワークローリターンが当たり前となり、気づかない限りずっと続くでしょう。

 

 

運営には、ある法則が存在しています。

 

個人の自由意志がある為、本人が本気で望まない限りずっと辛い状況は続くでしょう。

 

 

でも、気づいて実践した人から楽に進んでいきます。

 

 

2017年からは、顕著に、目に見える形で、わかりやすい時代に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター