知るべきタイミングがある

ポジティブな変化が個々に訪れているうようですね。

 

自分が今いるステージがアップする時、肉体レベルからエネルギーが入れ替わるので”熱”という形で不要なものが体外へ放出されたり、”涙”という形で浄化が促進されたり、不定愁訴のような何か釈然としない体調が続くことがあります。

 

 

これにはかなりの個人差がある為、不安な方は自己判断ではなく、医療機関や医師にご相談くださいね。

 

 

私に関していえば、年に2、3回、40度近い熱が出て、1日ないし2日で下がるとか、眉間(第三の目)→右目→つむじ(第四の目)→後頭部→眉間の部位を痛みが移動しながら3日ぐらいかけてアップグレードが完了します。

 

この眉間の鈍痛が始まったのは、2010年の夏頃からだったと記憶しています。

 

 

尋常じゃない痛みが長い時で4、5日続くので、会社員時代の私は疲れて脳までおかしくなったのかと思い、医療機関でMRIを撮ってもらったこともありました。

 

が、全く異常なしでした。

 

じゃあこの痛みは何?どこから来てるの?と思っている矢先、2011年3月11日東日本大震災が起こりました。

 

 

この前後で、多くの魂がウェークアップコールで覚醒したとも言われていますが、当時の私もその一人でした。

 

この時の天空では、天王星が魚座から牡羊座に移り、地上では福島第一原子力発電所の事故が発覚した時でもありました。

 

天王星は、改革や変化、ハプニングを司る天体で、牡羊座にいる時その力は増幅されます。天王星は放射線を表すと説く専門家もいて、この事故・出来事のすべては、存在するものすべての集合意識によるものだと私は思っています。

 

 

これは個人レベルでも全く同じで、自分の中に古くて不要なものが居座っていると、荒療治ともいえるような状況が突然あらわれ、それらを一新させるような出来事があると思います。

 

 

自分のことがわからず生きていると、表面的なもの、目に見えるものばかりに気をとられてしまい、負のエネルギーを真っ向から受けてしまいます。

 

自分の魂が求めていること、自分の今生での目的や使命、宇宙の真理がわからないで生きていると、何事にも本質を見抜けなくなります。

 

 

この状態で人生を歩むのは、宇宙に逆らって生きることになるので何かと無理があり、葛藤が伴い、必要以上に時間を要し、ただ歳だけとった生き方になりかねません。

 

 

それで充足していて、心から幸せならいいと思います。

 

 

あらゆる人と共存していることには意味があり人の役に立つ喜びや達成感は、本来あるべき姿に人を輝かせます。

 

魂が求める生き方を始めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター