神社巡り、山登り

昨日、上山鼻神社へ行きました。

 

お賽銭箱がなくなっており、盗難にあったと張り紙がされていました。

 

代わりに缶が用意してあったので、そこへお賽銭を入れてきましたが、

中のお金が丸見えなので、また狙われないことを祈るばかりです。

 

最近、マナーとかモラルとか考えさせられる光景をよく目にします。

 

今年一番のビックリは、大雪が降った翌日だったと思いますが、伏見稲荷神社の長い鳥居をスノーボードする人たちですね、イベントか何かだと思ったぐらいです(笑)

 

すぐさま社務所に聞いたところ、そんなわけはなく、単なる良識のない集団による呆れた行為だったようです。

 

最近の伏見稲荷神社は、中国人観光客が地元民より多く、カップルの結婚式用の撮影のような、この寒空の中、カクテルドレスや着物を来たカップルと、その撮影業者っぽい人たちをよく目にします。

 

何を間違えたのか、浴衣に扇子で撮影している観光客もいました(笑)

 

京都でも問題になっていましたが、自己都合で何でもありに撮影してしまう人々、文化や習慣の違いによる心ない光景が繰り広げられています。

 

札幌の伏見稲荷神社では、撮影の場合は社務所に申し出る必要があり、営利目的の撮影の場合は料金を頂戴するようなことを言っていましたが、実際のところ、撮影側が営利目的だと申告しなければ、無料で撮影し放題です。

 

私の場合はどうしているのかといえば、収入の一部をお賽銭として納めています。

 

正直、今の場所に住んでからの3年間、結構な額だと思います(笑)

 

最近の伏見稲荷神社は、外国人観光客(特に中国)が鳥居の中心を陣取り、我が物顔で長時間撮影をしていることが多い為、参拝客側が気を使うという構図です。

 

『人の振り見て我が振り直せ』ですね。

 

マナーの悪い観光客が来ること=そういう波動を持つ地域に住んでいるともいえるのです。

 

 

私ははしご酒はできませんが、はしご神社は好きで、四季を問わず市内を数時間歩いて回ります。

 

歩いていると、ネットなどの媒体では紹介されていない神社があったり、歩いている時は瞑想状態に入ってガイダンスが聞こえてきたり、大切なことに気づいたり、腑に落ちたり、感動しながら楽しい体験ができます。

 

旅先でも、その場所の神社へ行くと、エネルギーが違っていたりして面白いです。

神社巡りに関しては、ミコトレイキの存在が大きいですね。

 

実際のところ、ミコトレイキの伝授を受けた人の次元上昇には目を見張るものがあり各々に活躍しています。

 

昨日のはしご神社は、

 

伏見稲荷神社

女夫龍神

上山鼻神社

相馬神社

ざっとこんなデータが出ました↓

 

今月始めに神戸に行ったのですが、大御所揃いの神様が祀られる神社を発見しました。

旅先でもグーグルマップをフル活用する私ですが、この日はとても極寒で、30%あったスマホのバッテリー残量が、古いスマホなのでバッテリーの消耗が尋常じゃなく、ついに0%になって電源が落ちました。

 

何か所も回って、最後やっとこの神社へ辿り着いたのですが、この場所からホテルへの帰り方が全くわからず、調べられずで、しかも1時間後には別の場所で人と会う約束をしていました。

 

この日の午前中には、須磨アルプス(馬の背)の山登りを終えていて、全身汗だくになった体をシャワーできれいにしたいこともあり、少々焦りましたが、神々やガイドに方向を聞きながら、とりあえず一人歩き始めました。

 

高次の存在たちがいるので無事に帰れるだろうと、楽観的でいることにしました。

 

しばらく歩いていると、配送業者の男性が自販機で飲み物を買っていたので、事情を説明したところ心よく調べてくださいました。

 

しかし、私のグーグルマップとは異なるマップで、普段から使い慣れていない人だったようで、マップは出ているものの、『ここからバス停までの行き方をなんて説明していいのかわからない』といわれ、私はまた心の中で神々やガイドを総動員して心の中でお願いしました。

 

すると、私のスマホのバッテリーが充電されたような気がして、試しに電源を入れると、なんと電源が普通に入るではないですか!笑

 

0%だったバッテリーが38%に回復しているという奇跡。

 

早速、自分のグーグルマップを起動して正しく表示されたので、私は配送業者の人と笑いながら、お礼を言って別れました。

 

バス停に到着すると、バッテリーは再び0%になって電源が二度と入らなくなりました。

 

バスは、3分ほどで来ました。

 

私はバスに乗ってからも、停留所の名前がアナウンスされる度に、聞き逃さないよう緊張しながらバスに揺られ、無事ホテルまで到着することができたのでした。

 

ホテルに着いて、大至急シャワーを浴び、待ち合わせ場所にも遅れることなく、すべてがスムーズにいきました。

 

神々とハイヤーセルフやガイドに、この一連の体験に感謝と愛を送りました。

 

 

不思議体験や奇跡は、日常的にも体験していますが、旅先での不思議体験がまた格別なんですよね。

 

関西地域にはご縁があって、毎月神戸か、その周辺に行くことになりそうです。

 

来月は、大阪の四天王寺、神戸の摩耶山などを回る予定です。

 

神戸の須磨アルプス(別名:馬の背)、今回時間が足りなくて全部登れませんでしたが、急こう配が激しい厳格な山でした。

 

生半可な気持ちで来てはいけない、そんな感じがしました。

 

ド素人登山者で高所恐怖症持ちの私には、誰もいない冬山、し~んとした山中に響く小鳥のさえずりに癒されながら、時折聞こえてくる木陰からのゴソゴソ音に怯えながら、おっかなびっくりの登山となりました。

 

でも、暖かくなったらまた続きをチャレンジしたいと思います(笑)

 

須磨アルプスの参考動画を見つけましたのでよかったらご覧ください。

 

ちなみに、山登りは自分のエネルギーを高波動にシフトチェンジします。

地球の大自然をチャージしてグラウンディングし、宇宙と確実に繋がります。

 

ストレスまみれの人、モヤモヤ感がとれない人は、地球の自然エネルギーに触れるといいですよ♡

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター