2020年に向けて-その2-

昨日のブログと重複しますが、重要なので抜粋します。

スピリチュアルに懐疑的な人にこそ、ぜひご自身の肉体を使って半年、1年、真剣にスピリチュアルを学んだらいいと思います。

 

やっていただくとわかりますが、いかに自分が疲れていて、いかに癒しを求めていて、いかに限界を感じ、自分をないがしろにして生きてきたか、

いい意味で期待を裏切りますよ。

 

そして『もっと早く学べばよかった!』と思うはずです。

 

今~2020年までは、より良く生きようとする人のための門は開かれています。

今現在、より良く生きるために取り組んでいることがある人や、魂が望む生き方を意識して生きている人は、2020年からは『神』『宇宙(創造主)』といったキーワードが表面化しやすくなるので、宇宙とがっちり統合、共鳴し、安定した生き方が実現すると思われます。

 

逆に、これまでも、これからも自分と向き合わずに生きる人は、2020年からはより顕著に、宇宙意識と周波数を合わせられなくなるので、険しい幕開けとなるでしょう。

 

 

念の為補足します。

ここでいう『門』とは、3次元では可視化できない5次元以上の覚醒者のために開かれた門とお考えください。

 

この門が、2020年まで開かれているといっても、2020年ギリギリに入るのと、今から準備して入るのとでは、見る世界も、体験することも、引き寄せることも、まるで違うということを理解してください。

 

 

なぜかというと、2020年は、それまでの神(あるいは創造主、宇宙、高次元)との繋がりが安定・固定・統合される時代ですので、その領域と元々パイプを持ってる人は、必然的に宇宙と安定して繋がり、より共鳴しやすくなり、人生の意味を知って生きやすくなるのです。

 

一方、2020年からスピリチュアルを学び始めた場合、それまで培ったネガティブな観念や刷り込み、葛藤をまず解放するところから始まります。

ネガティブな観念や思考パターンなど、望ましくない習慣を解放し、新たな観念を信念とするまでには早い人でも数ヵ月、長い人では1年以上かかります。

 

実りの時を迎えるために、まずは土壌を整え種を蒔くのに適したタイミングがあるのと同じように、私たち人間にも準備に適したタイミングがあるのです。

 

 

ですので、2020年からいきなり、より良い生き方を始めるよりも、今から取り組んでいる方が心身の負担も少なく、必然的に宇宙の流れにも共鳴できるので、この世のことがわかってきて生きやすくなるわけです。

 

 

自分の人生をより良く生きるための取り組みとは、

=自分の人生に責任を持って生きることです。

 

 

2020年まで、今から1年半あるといっても時代はあっという間に経過します。

 

毎日何の価値も見いだせず、感謝もなく、ただなんとなく生きているだけでは、未来もそのままです。

 

充実した人生を送るには、それ相応の取り組みと情熱が必要です。

 

いつも無気力でやる気が起きない人、すでに不調が出ている人は黄色信号です。

 

自分の魂が求めていることがわかったり、高次元とのコンタクトは楽しいですよ♪

 

宇宙と繋がって人生を謳歌しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター