浄化と気づきの途中

災害の犠牲になられた方々に心からご冥福をお祈りいたします。

 

 

ここのところの全国的な事件、天候、災害、どう感じますか?

 

私は、今こそ日本人の一人一人が自分の役割に気づくよう促されているように思えてなりません。

 

というのも、対面でアチューンメントをしていると、その魂にとって必要な部位に必要な光が注がれて癒しと覚醒が起こります。

 

これが最近、さらに急ピッチで進んでいるようなのです。

 

太陽が、月が、風が、雨が、雷が、すでに覚醒している魂に語りかけてきているはずです。

 

このところの不可解な天候の影響で、体のサイクルが突如として狂ってしまった人もいるかもしれません。

 

 

自分さえよければいい、自分たちさえよければいいという意識が、とてもとても多い世の中になってしまったようです。

 

その環境下で今自分ができることは何か?

 

お金があっても、なくても、今すぐできることはたくさんあります。

 

大切なのは、行動・実行に移すかどうか、です。

 

 

ずっと天候が悪かったので、ウォーキングができなかったのですが、先日久しぶりに12キロ歩いてきました。

 

ほんの数日歩かなかっただけで、筋肉の衰えを感じます。

 

今日のところは3キロでやめて帰ろうかと弱気になりましたが、天照大神様から呼ばれていたこと、そこへ行った時の自分はおそらく、何にも変え難い体験をすることがわかっていたので、まず行ってみました。

 

結果、すべてに無駄がなく、すべてに予定通りに進みました。

 

こういう体験を1つ1つ積み重ねていくと、自分を超越した力が働いていることに気づくようになり、セルフイメージ(自己信頼、自己価値観)が高まります。

 

自分への信頼を取り戻したい人は、あくまでも無理のない範囲で、達成できる範囲で目標を設定し、確実にクリアする体験、クリアにする頻度を増やすといいです。

 

多くの人は、最初から高すぎる目標設定やできないことに焦点を合わせ、できない自分に失望し、自己信頼や自己価値観をなくしていきます。

 

他者と自分、何かと自分を比較して、世間体や人目をを気にして生きている限り、魂が求める現世での生き方はできないでしょう。

 

そもそも地球で生きることは、毎日が感動と感謝の連続なのです。

 

自分の役割、使命を体現する生き方が一人一人に求められています。

 

自分でできることは、自分でする。

 

継続は力なり。

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

予約制    

 

アクセスカウンター