何を信じて生きるか

人生で何を信じて生きるかによって、見るもの、来るもの、出会う人、体験することのすべてが変わってきます。

 

人間関係全般に言えると思いますが、何度同じことを言われても右から左で、行動が変わらず、同じ問題や葛藤をずっとくりかえす人っていますよね。

 

そういう人は、そもそも言われたことを『信じていない』のです。

 

もっといえば、それを言った人のことも『信じていない』のです。

 

人は自分が好きな人の話は無条件によく聞き、信じます。

 

信じることは『信念』で、エネルギーそのものです。

 

人は、自分が信じていることしか行動に移しません。

 

人生を活発に、楽しく、生きている人なら信念も強く、望む引き寄せも早いのです。

 

逆に、精神的に傷だらけで生きていると、信念は弱く疑い深くなります。

 

 

疑い深いと、引き寄せること自体がネガティブになるので、望ましくない状況ばかりをピンポイントで引き寄せやすくなります。

 

 

魂の成長と進化のために地球に来ていることを考えると、嫌いな人であろうと苦手な人であろうと、自分は確実にその人と引き寄せ合っていることには間違いなく、何らかに気づいて対応する必要があるわけです。

 

それが拒絶という反応であろうと、縁切りであろうと、仲良くしようと、個人の自由意思によって反応はさまざまです。

 

人間関係で苦手な人や、嫌いな人がいる人には、今の時代を幸せに生きるために、ぜひもう一歩進んだ反応をしてほしいと思います。

 

 

なぜなら、苦手な人や嫌いな人がいる時点で、実はあなたは自分のことが本当は苦手で、嫌いな部分があるのです。自分を無条件に認めていないし、真の意味で、自分のことをまだ知らなくて、自分のことを愛していないのですから。

 

相手のことを苦手でも嫌いな状態でもいいので、まずは、相手の存在を認める、相手を尊重することから始めてみてください。

 

重要なのは、自分が苦手な人や嫌いな人がいる人というのは、幼少期や過去世に起因する傷ついた体験や習慣、心のトラウマやブロックを抱えているというところです。

 

それを解決しないかぎり、人生に良い変化を起こすのは困難です。

 

ただでさえ時間は有限で、その貴重な時間を人を憎む時間に費やすぐらいなら、自分という自分を根幹から癒して、真の自分の姿になればいいのです。

 

そうすれば知りたかった答えがわかって、あなたは日々を、人生を快適に過ごせるようになって、二度と嫌いな人が人生に現れなくなります。

 

というか、苦手な人も嫌いな人もいなくなり、気にもならなくなるのです。

 

嫌い=実は好きとか興味がある場合が多々ありますから(笑)

 

目覚めよ。

 

 

 

もこもこ特集

 

今朝の上空

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

予約制