何を信じて生きるか-その2-

『スピリチュアルの世界』

 

世の中には、いろいろな情報が溢れているので、スピリチュアルの印象も人ぞれぞれだと思います。

 

私が教えているスピリチュアルの世界やエネルギー、講座はすべて、

一人一人のハイヤーセルフとガイドさんたちと相談して、その魂が求める生き方を伝え、より良くするためのコツや話、ツールを伝授して魂が元気に生きる生き方、今生が満足のいくものに導いています。

 

逆に、受講しても変化がないとか、同じ問題をいつまでもくりかえしているとか、満足感の得られない人生という場合は、習得したことが理解できていないか、良くなりたいと本気で思っていないか(今のままでいい、怠け者で生きたいなど)、あるいは、憑依が考えられます。

 

 

本来であれば、自分の内側を見つめ根幹から癒し、自分が神様の分霊であることがわかれば、どうやったって今生は良くなるようになっています。

 

何かに抵抗して生きている時点で、幸せに生きることにも自らで抵抗して生きているのです。

 

 

最近は、本当にすぐ良くなる人と、いつまでも自分のことを信じず、口を開けば言い訳と先延ばしばかりの生き方をしている人との二極化が、ものすごく顕著です。

 

私のガイドいわく、今後も変わらずずーっとそうみたいです。

 

生霊や低級霊の憑依を受けている人も非常に増えてます。

 

 

『これからのヒーラーは、優しいだけの、話を聞くだけのヒーリングでは何も変わらない、追い祓えない、従来のヒーリング方法では、もはや対応はできない』と、私のガイドがくりかえし言ってきたのが今から6年程前。サロン開業からしばらくしてからのことでした。

 

そして『ミディアムシップ講座』をいつまでも開講しようとしない私に、

 

『一刻も早く開講しなさい!』と何回も言われました。

 

結果、全くそのとおりでした。

 

変な霊が憑く人には、変な霊が憑くだけの確実な原因があるのですけど、憑依されるのが当たり前になっちゃってる人、最近多く見受けます。

 

自分のことを良しとせず、自分がわからないで生きているぐらいですから、変な霊が憑いても、何が憑いているかも自分ではわからないでしょうし、自己憐憫するばかりでは、望む姿から自らを遠ざけてしまいます。

 

憑依があると、良くなるものも良くなりませんので、常に不平、不満、不仲、不調和、不快感を抱えて生きることになります。

 

不満の不(ふ)は=負(ふ)で、=ネガティブ

 

です。

 

 

ですので、常に負のエネルギーを自らで発していることになり、自分を痛めつけるだけでなく、自分のそばにいる人、自分の話を聞いてくれる人にも負のエネルギーを撒き散らしていることになるわけです。

 

少しでもスピリチュアルを学んだ人なら、自分が周囲へ不快な影響を与える媒体となることにも気づいてほしいです。

 

自分の人生ではない、誰かの人生を生きていることになりますからね。

 

それはうまくいかないし、苦しいし、楽しくないですよね。

 

 

今の時代、従来のヒーリング技術だけでは満足感を得られない人も多いです。

 

クライアントの話を聞くだけ、癒すだけでは何も変わらないのです。

 

日本も格差が広がるばかりで、自殺者の数は常にワーストでランクインしています。

 

先日、市で開催しているメンタルケアに関するセミナーに参加しましたが、同じように自殺者の数についても言及していました。

 

でも、具体的に、ストレスがある人やうつっぽいとか、自殺願望のある人へどう接していくかという話になると、心理学で基本となる傾聴することの大切さを勧めている印象でした。

 

私は、他者に話を聞いてもらうだけでは一時しのぎにしかならないと考える人間なので、傾聴のメリットはよくわからないし、愚痴や悩みを言う人の負のエネルギーのベクトルが一方向に向かうので、当然ポジティブな変化は期待できないと思っています。

 

同時に、話を聞く側の人間のエネルギーが相当高いとか強くないと、望ましくない影響を受けてしまう人が出てくると思います。

 

 

私はサロンという形態では8年近く、知人やクライアントの相談、悩みを聞いていますが、カウンセラー側がクライアントの話を全部聞いて解決するなら、世の中にカウンセリングルームはなくなると思います。

 

ですが、現状としてはサロンの数は増えていますし、うつ病などの精神疾患を患う人、今まで明らかになってこなかった病や不調も出てきて、自殺者の数も横ばいですよね。

 

私がわかったことは、自分のハイヤーセルフやガイド、神様に聞いたほうが、人智を遥かに超えた内容でくること、それが確実で誰にとっても最善だということです。

 

私は1人でも多くの人に、1日も早く、その存在たちと皆が繋がってほしいと考え日々伝授と交流をしています。

 

時代は、一時しのぎや小手先の方法ではすでに響かない、利かない時代に移行しています。

 

 

私たち一人一人には自由意思があり、知っている人だけが、実践している人だけが、確実に導かれる時代になりました。

 

 

何を信じて日々を生きるかによって(信念)、見えることも、聞こえることも、起こる出来事も、出会う人もすべてが変わってきます。

 

 

言葉では説明のつかない感動と喜びを味わうこと、

 

魂はいつでもその体験をしたいのです。

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制    

 

アクセスカウンター