インナーチャイルドは待っている

受講生のチャネリング能力がぐんぐん上がっていて、知らないはずの私のプライベートが簡単にリーディングされてしまい、毎回ドキドキの今日この頃です(笑)

 

やはり、先日の地震を機に、明らかにエネルギーアップした方が多い印象です。

 

リーディングの精度が高く、今後、他者の力となり活躍されることでしょう。

 

 

今日は『インナーチャイルドセラピー講座』でした。

 

私の教室では、オリジナル講座の伝授もたくさんしていますが、特にインナーチャイルドセラピー講座は、位置づけとしてはかなり高く、重視している講座の一つです。

 

一般的に”インナーチャイルド”と聞いて、言葉はなんとなく聞いたことはあっても、いまいちよくわからないとか、自分には関係ないもの、と思って生きている人の方が多いかもしれません。

 

インナーチャイルドを直訳すると、内なる子供ですが、簡単にいうと、自分の中の子供の部分であり、本音の部分やパーソナリティ、幼少期に体験した心的トラウマ、心の傷、癒されていない感情を持っている状態、

と捉えていただくと理解しやすいと思います。

 

癒されていない感情や、抑圧した本音の気持ちなどがあると、人生全般、良くも悪くも影響を及ぼします。

 

 

私の教室で講座を受講された方ならご存知かと思いますが、ご自身が思っている以上に、癒されてこなかった感情や抑圧した本音の気持ちというのは、長く、奥深く、自分の中に潜み、現状では何らかの不調和として現れ、癒される時を待っているのです。

 

幼少期ではなくても、現在に至るまでの過程で、感情や本音の自分を抑圧して生きてきた場合、それらが精神的なストレスや心的トラウマとなって、無意識にイライラや葛藤、拒絶感、抵抗感などのネガティブな反応をするようになります。

 

でも、本人は、その本音の気持ちや、悲しい体験のことはすっかり忘れてたりするので、自分がイライラしたり、同じ問題に出くわすと条件反射で同じ反応をしてしまい、ただただ不快で、ネガティブな反応をひたすら人生の中でくりかえすのです。

 

日常生活、社会生活、人生全般に確実に影響が出てくるようになっているのです。

 

特に、中年期以降はごまかしがききません。

 

インナーチャイルドは侮れませんからね~みなさ~ん!

 

癒しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

予約制    

 

アクセスカウンター