· 

すべては幻想

肉体には、代替システムなるものがあります。

 

例えば、どこかの臓器が病気になって状態が悪い時、やむをえずそこを摘出する場合もあるでしょう。

 

その臓器が肉体からは物理的になくなっても、生きている人はたくさんいます。

 

胃にしても、腎臓にしても、一説では脳までもが可能なようです。

もちろんリスクも伴うようですが。

https://logmi.jp/business/articles/275368

 

 

これはどういうことかといえば、肉体には代替システムがあるということを裏付けています。

 

私は時々ファスティング(超小食、プチ断食)を行いますが、てきめんです。食事をほぼ摂っていない状態でも市内を5~10キロウォーキングできますし、山登りも、途中確かにきつかったけど藻岩山に登れました(笑)

 

肉体は、食事から栄養が摂れないとわかると、代替システムを駆使して(時には骨を溶かすことも)肉体に必要な栄養を補うのだそうです。

ファスティングを提唱する医療ジャーナリスト船瀬俊介さんの本は大変勉強になりますよ。

 

これ、自分の中に潜む闇、ブロックにも同じことがいえるのです。

 

現在自分が持っている苦手意識や葛藤の多くは、その根拠となる体験(原因)を過去にしていて、すでに記憶として潜在意識に入っています。

 

その体験から年数が経過するにつれ、その体験を受け入れることが困難と判断した肉体は、それ自体がなかったこととして処理します。自分でもすっかり忘れているのはそのためです。

私なんかは、小学校6年の時の体験が原因で、それまでの記憶や小学校に通っていたことすら全く思い出せない時期がありました。写真を見ても他人の写真を見ているような(笑)

 

 

人間、なんとなくそれが原因とはわかっていても、日々生きるか死ぬかの重大な問題ではない為、一記憶程度の感覚だと思います。

 

しかし、長い人生を生きる際、その苦手意識と葛藤はまたやってきます。

 

自分らしく人生を生きる上では、明らかに足かせとなっていて、明らかに不要な観念なのですが、肉体にしてみれば自分の意志で長年付属してきたものなので、そこを自分が腑に落ちていない時に強制的に解放しようとすると、肉体から強烈なストッパーがかかります。

 

手放したいのに手放せない、痩せたいのに痩せれないのと同じことで、同じことを何度でもくりかえすという事態に陥ります。

 

その度にまた気分が悪くなり、自己憐憫して、自己卑下して自己価値を下げ、自虐的になる人もいるでしょう。

 

今までの不運と不幸な人生から幸せに生きたいと願うなら、それまでの古い観念を完全に手放して入れ替える必要があり、それは多くの場合インスタントにはいかないです。

 

だって、生きてきた年月分ですよ、うん十年とそれを持って生きてきたのですから。

 

手放したのに執着が出てくる人というのは、その執着が自らを生きにくくさせている自分の癖(習慣)だと認める必要があるわけです。

 

そして、過去の自分と、そこに関わってきたすべての人を赦すしかありません。

 

すべては自分の投影であり、すべては自分が引き寄せたことなのです。

 

自分が成長したくて、過去からの課題に取り組みたくて、自れで引き寄せたことなのに、必要以上に後悔したり、変に自責の念にかられたり、変に自己憐憫して被害者を演じたり、自分都合で責任転嫁して他力本願で生きたり、すべてに独り相撲なわけです(笑)

 

最も自分をないがしろにする生き方は、自分を軽んじて生きることです。

 

自分の感情、人格を認めないで生きている時点で人生が明るくなることはありません。

 

人生が楽しくないのは、楽しくない次元に自らで留まっているからです。

 

 

肉体の機能がそうであるように、癒されていない体験が肉体に詰まっていると、自らの居心地の悪さや欲求を解消しようと、誰かにあるいは何かにそれを投影して解消しようとする働きがあります。

 

その役割を他者に強いることは双方の自由意志になりますが、それを双方が承諾した場合に共依存が始まります。

 

『依存』から得るものは何もなく結果的に双方にとって望む形にはならないでしょう。

 

それほど自分をごまかせない時代に入っているのです。

 

 

自分が今いる次元も幻想に過ぎません。

 

客観的で、瞬時に自分の意識を司れるようになると次元上昇も早くなります。

 

地球での旅が何倍にも楽しいことがわかり幸福度が増します。

 

寂しさを埋めるための、欲求不満を解消するための依存も、執着も、コントロールもいらなくなるのです。

 

自分の本質がわかると、何かを使わなくてもトランス状態になれます。

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制