· 

ハイヤーセルフとガイドの存在

自分の適性を知らないで生きている人、世の中には多いと思います。

 

そのせいで会社で思うような結果を出せなかったり、そもそもコミュニケーションが苦手で、嫌な上司や同僚と毎日仕事をするはめになります。

 

ですので、自分の適性や得意とする分野は本気になって探した方がいいです。

 

1日も早く、1歳でも若く。

 

その後の人生の充実度や幸福度に100%影響しますから。

 

自分に必要な投資をして徹底的に学ぶぐらいの意欲がないと、自分の弱さに負けて、振り返ると何もかもが中途半端で役に立たなくなってしまいます。

 

起業を検討している人なら、会社を辞めずに起業できるに越したことはありません。

 

それに、会社を辞めると決めた後から、大切なことに気づかされたり、退職しない方がいいのでは?というところまで試されます(笑

 

 

私を例に出すと、大手取引先が2度経営破綻し、その影響で自分の会社も閉店の瀬戸際まで追い込まれる事態になりました。給料も出ないかもしれない・・・と話す上司に、安定した職業なんて世の中にはないのだと悟りました。

 

1回目の倒産の時は認識できませんでしたが、さすがに2回目の破綻の時は、これからどう生きていくかとか、何のアイデアもなかったのですが、ここでの自分の役割が終わったことだけはわかりました。

 

その後、なんとか立て直しを図り、店舗も存続することになりましたが、

その時同じ職場だった人たちは、自分も含め全員が自己都合退職をしてそれぞれが違う生き方を始めました。

 

 

学生の頃から多種多様の勤務経験や、長年業界の会社員生活をしてきたからこそ、社会の仕組みや制度、働き方、コミュニケーションの取り方等がわかり、他者からの相談に細かく確実にアドバイスができることに気づきました。

 

これに業種はさほど関係ないと思っています。

 

結局は、組織=人の問題がほとんどですので。

 

すでにその道で成功している人から基礎をじっくり学んで、しばらくはその人のマネでもいいと思います。

 

できるだけ早く自分のオリジナルを開発して、できるだけ早く打ち出していくと自分を社会に活かして生きることが可能になります。

 

よく、人のビジネス形態に批判的な人がいますが、そのほとんどが経営経験がない単なる妬みです。ビジネスが成功しているやり手の経営者は他者のビジネスにも寛容的です。

 

 

なので、ビジネスの相談はビジネスのプロに相談するのが間違いないです。

 

経営をしたことがない人に経営者の立場はわかりませんし、マーケティングしたことがない人にマーケティングはわかりません。批判的に口を出してくる人のほとんどが妬みか、出どころ不明の誰かの情報で不安がらせるマイナス思考か、知ったかぶりです。

 

それが意外にも、あなたの友人とか親しい関係である場合もありますから、鵜呑みにせず、ビジネスの愚痴や相談はすべてビジネスのプロに相談しましょう

 

あと、自分の夢とかやりたいことを安易に、安上がりに人に話さない方が無難です。

 

そのせいで自分の夢が叶わなくなることが実際にあるのです。

 

ビジネスをするのはあくまでもあなたであり、その人ではありません。

 

ここを間違えないように。

 

多くの一般人は『お金のブロック』を持っています。

 

誰かが大きなビジネスをしようとする時、妬みと固定観念から根拠のない話をするのがお金のブロックを持った人です。

 

何かと話題になるZOZOTOWNの前澤社長の賛否両論がわかりやすいと思いますが。

 

 

私も無知だった頃、個人事業主の親しい友人にある夢の話をしました。

この友人は、私よりずっと前から個人事業主として働いていました。

 

友人も喜んでくれるだろうと勝手に勘違いしていた私は、友人が何故かふてくされながら、私の話に否定する姿を見てわかったのです。

 

この友人は昔から私に対してそうだったことをガイドから言われ、私はそこでやっと気づいたのです。この人には自分の話をしてはならないと。

 

どんどん気づいてきて、この友人はいつも職場に新人が入ってくる度に必ず上げ足をとることを言ったり、文句を露わにしていました。

私は自分都合の杓子定規で、この友人の真実を見ようとはしていませんでした。

 

 

こういう人がいるおかげで学べるわけです(笑

 

これがわかると、もう感謝しか浮かんできません。

 

 

ストレスを抱える現代人は、自分のことでいっぱいいっぱいなので、何でもかんでも話してはならない人が現実にいるのです。

 

仲がいいからとか、昔からつきあいがあるからという理由で、始めは同じ意見だった人も、時間や年数の経過と共に必ずしも意見が一致するとは限りません。

 

むしろ、今の時代もこれからも、尊重しあえない人間関係なら付き合わない方が双方のためです。

 

特にエネルギーの回路をたくさん持つ人は、エネルギーを奪われることも忘れずに、すぐさまフォーカスする先を変える必要があります。

 

自分は相手を信頼していても、相手も自分と同じ意識とは限りませんが、コミュニケーションをとればわかるはずです。

 

もっといえば、スピリチュアルを学んだ人は、自分のガイドやハイヤーセルフに聞けばすべてに納得のいく答えを提示してきます。

 

 

『双方がいつも居心地のいい関係』を目指しましょう!

 

 

波動真っ二つの時代。

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制