· 

能力の高め方

受講者が覚醒すると共通する言葉をいいます。

 

『ふわふわのスピリチュアルでは物足りない』

 

『どの本を読んでも同じようなことが書いてある』

 

『どこから入ってもすべては1つに繋がっている』

 

スピリチュアルが趣味の範囲を超え、霊的自己を認識すると自分の役割に気づきます。

 

魂が何を求めて地上に来たのか?

 

そのすべてはわからなくても、自分で気づけることは沢山あります。

 

意識が高波動に達すると、わかる人にはわかるのです。

 

人それぞれにユニークな個性があります。

 

誰にでも無限の可能性と未開発の能力を携えています

 

自分の才能や能力を高めることはいたって簡単です。

 

今置かれている環境でできることをすべてする。

 

今手元にあるものを活用して使いこなす。

 

ここができると、どこへ行っても、何を習得しても使いこなすことができ、自分の能力が飛躍的に高まり、揺るぎない実力、強み、自信、糧、器を決めます。

 

ですので、今自分が置かれている環境、状況、自分が持っているものを1つでも使いこなせないかぎり、自分の人生を使いこなすことはできないです。

 

引き寄せたのは自分、そこを忘れてはいけません。

 

すべてに意味があります。

 

逃げる、避ける、サボるは簡単ですが、それは見方を変えると自分の弱みともいえます。

 

それでも心から自分の人生を全うし、幸せなら幸いです。

 

成長とは、自分に責任を持って生きることであり、喜びを享受し人生を楽しみながら生きることです。

 

ある事件をニュースで見ていたら、『寂しいよ、ずっと苦しいんだ、僕独りぼっちで、お母さんに会いたいよ、皆に愛されたいよ』と容疑者の心の声が聞こえてきました。

 

同時に、その容疑者の傍には望ましくない霊体がいくつも付着しているのが見受けられます。

 

親に愛された記憶がない人は、大人になっても成長が止まってしまいます。

 

しかし、だからといって不幸なのではなく、どんな状況であろうとそこから謙虚に学ぼうとする心があるかぎり、人は成長し、自分の人生を自分が望む形に変えていくことが可能です。

 

但し、悲しみ、苦しみ、恨み、怒りの感情が長い年月自分の中に滞ったままだと、自分が引き寄せることもネガティブなことだけ引き寄せるようになります。

 

自分の波動を決めるのはあくまでも自分です。

 

他者のネガティブなところにしかフォーカスできない人は、自分の闇に気づけばいいだけです。

 

覚醒すると、物事を俯瞰的に、多角的に見て捉えることができるので少々のことで自分を煩わせません。

 

自分の波動が高くなると、能力や潜在的伸びしろが具現化して拡大します。

 

いわゆるポテンシャルってやつです。

 

波動が高い=能力が高いとも言い換えることができます。

 

波動が高い人に共鳴するだけで、自分の波動も次元も引き上げられます。

 

変に妬んだり、意地を張って素直に認めない人は、自分のために不要な観念を手放せるよう意識改革を始めれば幸せになります。

 

いつも明るく屈託なく、誰とでも物怖じせず交流し、人を楽しませたり、喜ばせて笑いが絶えないとか、自分の世界を持って幸せに人生を楽しんでいる人がいたら即座に共鳴しましょう。

 

あなたの周りにはこのような人がどれくらいいますか?

 

 

その数が今のあなたの波動状態です。

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制