· 

答え合わせが必要な時は

スピリチュアルに興味がありセッションやワークショップに行く。

 

実際にスピリチュアルやエネルギーワークを学んでみる。

 

自分の人生をより良くしたいから新しい事を始める。

 

 

やる気があって自分を高めることに意欲的な人なら、誰に言われることなく自分の意志で行動し、前進を続け、現実世界でも精神的な豊かさを受け取ります。

 

自分が覚醒していないと、外部情報に依存し頼りきって情報を得ようとしますが、自分が覚醒して真理に気づくことで、誰かに認めてもらうための同意や答え合わせは必要がないことに気がつきます。

 

私は現在の仕事を運営する前、クライアントとしてセッションにあちこち行っていました。

 

会社員時代はストレスのおかげで、あまりにも色々なセッションやワークショップに参加していましたが、毎回こういったことに定期的に行っていると、自分も同じ問題をくりかえしているからなんですけど、言われる内容も特に変わり映えなく、全く変化もなく、セッションに行った直後は元気でも、またすぐ同じ状態をくりかえすのでした。

 

で、ある時からこう思うようになりました。

 

『これ、自分でできるようになればセッションに行かなくていいんじゃないか?』

 

何の根拠も経歴もない自分が『それ、できるんじゃない?』と直感的に思ったのです。

 

 

今思えば、私は外部の人間に答えを求めることに依存していました。

 

ヒーラーや霊能者、タロットなど、当たると聞けばそこへ行く。

ちょっと満足したら、また別のところで同じ質問をして答えをもらう。

また違うところを見つけたら、そこでも見てもらう。

 

私はいつも、自分が納得のいく答えをずっと探していました。

 

私がそうであったように、自分を見つけられず、なぜか腑に落ちなくてセッションを受けまくるジプシーが世の中にはたくさんいると思います。

 

なぜ、そこまでして色々なところに行って答え合わせに執着するのか?

 

学校教育の癖もあると思いますけど。褒めてもらえなかった子供は、自分より立場が上の人に褒めてもらおうとする。

 

結果、インナーチャイルドの癒しが必要、となる。

 

 

現在ジプシーの人は、好奇心、探求心、追求心、向上心、学ぶ意欲が旺盛で、自分を完成させることに納得したいから、

 

か、

 

話を聞いていないか、

 

のどちらかでしょう(笑)

 

セッションジプシー化すると、自分が完成度の高いもの、クオリティを求めていることに気づかれると思います。

 

なので、ジプシーが提供側、運営側になった時、いいものを提供しよう自然に思います。

 

なぜなら、今まで自分が見て、触れて、体験し、経験として持っているからです。

 

決してジプシー以外の人が努力していないとか言っているわけではありませんよ。

 

人間、自分の身をもって体験してきたから”わかる”こと、腑に落ちることがあるのです。

 

ジプシー化している人は、それまで行っていた分野のスペシャリストになれる資質を持っています。

 

やっと自分を見つけた♡、やっと本当の自分で生きる♪といった感じ。

 

自分を再発見するまでの期間がジプシー期間ともいえます。

 

 

わかっていることは、誰かにすべて何とかしてもらおうとおんぶに抱っこの受け身でいるかぎり、本来の自分の能力は発揮されません。

 

どういう意図で、そこを利用しているのか?によっても開かれる道は変わってきます。

 

 

自分が尊敬する人がいたら、共感できるところはどんどん吸収して、咀嚼できたところで仕分けしていく。

 

ですので、誰かを前にして自分の答え合わせをしようとしている時は、自分をわかっているようでわかっていない、自分そのものへの自己信頼がなく、自分を受け入れていない時なのです。

 

この資格をとってこの仕事をしよう!もいいと思います。

 

ですが、皆と同じことを同じように学んでいるだけなら、同じような結果しか出ないでしょう。

 

資格を取って、その仕事をすることだけに固執するのでは疲れると思います。

 

何かを学んだことで副次的な連鎖が始まり、全く違う自分の才能が開花したり、新しい扉(次元)が開くことは多々あります。

 

いつでも柔軟な発想力を持って前進したほうが、自分に失望することなく、無限の可能性も広がり、自分を必要としてくれる人の輪もどんどん広がって人生は楽しいと思います。

 

 

私の場合、外部に答え合わせに行くのは数年に一度ぐらいでしょうかね。

 

1回行けば『やっぱりそうか!』と、数年は満腹。

 

自分のハイヤーセルフやガイド、高次意識と強固な繋がりを構築することを急ピッチで進めたほうが、未開の扉が開きます。この時のワクワク感といったら!それはそれはすごいのです。

 

私は一人でも多くの人が、この感覚を味わってほしいと願っています。

 

なぜなら、自分の人生ですから。

 

答えを探し回るのではなく、すでに自分は持っていると思ったほうがいいです。

 

1回1回人に聞きに行かなくてもわかるようにするためには、自分の未開発の能力を確実に開花させることです。

 

その上で、スピリチュアルを学ぶことやエネルギーワークを極めることは最も安全で有益な近道です。

 

自分の内側を深く見つめて癒されると、おのずと頭角を現します。

 

自分が思っている以上に、人には癒されていない未解決の問題と怖れに根ざした意識が存在します。

 

精神的な満足感は自分を緩めることができ、

 

ハイヤーセルフなどの高次意識からの問いかけがわかります。

 

自分に責任を持って、自分で自分のお世話をして、立派に育てる。

 

これができない人は、気に入った観葉植物を1つ買ってきて大事に育てたらいいですよ。

 

このプロセスは、実は自分を育てることに連動しています。

 

イキイキツヤツヤの葉、新芽が出てきたり、毎日愛情を持って育てる。

 

つぼみをつけた時、お花が開花した時の喜びは自分にシンクロします。

 

植物がすぐ痛む、枯れる、だめにしてしまう人は、今こそ真剣に自分改造計画をコミットし、自分を育てることに取り組んでみてください♪

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制