· 

見えるものが違う

この世界は、自分が今在る世界によって見える印象が異なります。

 

例えば、有名な誰かが逮捕されて、その人がどんな印象だったか記者が一般人に聞く場面。

 

”いい人そうだったのに、信じられない”という人もいれば、

 

全く反対の印象を持つ人もいます。

 

印象が人によってまちまちなのは、自分が持つ周波数によって見える世界が異なるからです。

 

悲惨と思えるような体験をして根に持つ人と持たない人、

 

素直に感謝して喜ぶ人と、まだ足りないと納得しない人。

 

自分が持つ周波数によって、見えること、聞こえること、体験することが違うのです

 

わかりやすいのが口コミとか、カスタマーレビューです。

 

同じ商品でも大絶賛の人もいれば、真逆の批判的感想もありますよね。

 

買う前からレビューばかり気にする人は、他人軸で生きてる人です。

 

セルフイメージが否定的で、宇宙のことを信頼しない生き方を長年していると、自分が選ぶものには自信が持てないので、他者や外部に頼りっきりになります。

 

怠惰な人は、外部に頼るほうが楽ですしね。

 

 

私たちの存在はラジオと似ていて、個々に周波数を持っています。

 

自分の気分が良くなるチャンネルがポップスの人もいれば、ジャズの人、クラシックの人、ハードロックの人など、人によって居心地のいいジャンルまたはチャンネル(周波数域)が異なるというわけです。

 

自分の周波数が上がってくると、感覚器官(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)すべての感知度が上がってきます。

 

魂が喜びの周波数域で振動している証であり、

この状態が継続できているならば、現世であなたがやりたかった目的を達成して生きている時です。

 

感覚器官の中でも嗅覚は、最も精妙で松果体と密接に連動しています。

 

日頃から、自分に付着した不要なエネルギーを浄化することは、今もこれからの時代も、生活習慣です。

 

基礎がしっかりできていないと、応用は何一つできません。

 

自分の存在の本質がわかれば、真実が見えてきます。

 

周波数が低いとは、気が低いとか気が重いと同義と思ってください

 

浄化すれば上の世界と一つに繋がる。

 

浄化をしないと下の世界と繋がる。

 

浄化=上下(じょうか)と読む。

 

”浄”とは、汚れがなく清らかな状態。

 

”化”とは、前と変わること、影響を及ぼすこと。

 

”浄化”は、人によって上にも繋がるし、下にも繋がる。

 

浄化が常に必要な人=Joker。

 

早朝の朝風呂瞑想時にイエス様が教えてくれました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制