· 

霊能力で自己価値が決まるわけではない

*お知らせ*

来週4/15~21のウィークリーガイダンスはお休みさせていただきます。

 

 

私が提供する講座は、霊能力を身につけることだけを目的に提供しているわけではありません。

 

講座名に”ヒーラー”、”マスター”、”サイキック”という名前はついていますから、もちろんそこを目的に始めていただいて構いません。

 

ですが、ただ唯一の目的にしてしまうと何もかもが限定され、宇宙からの恵みを制限してしまうことがあるのです。

 

私の講座の意図は、あくまでもその人がその人らしく人生を生きることが目的でそこが一番重要で、それらの役割を持っている人は必然的にそうなっていきます。

 

スピリチュアルを学ぶことで、未開発の才能が開発されるので、スピリチュアルの分野だけでなく、結果的に別の仕事や、他の何かに取り組んでもうまくいくようになります。

 

それが『地球で生きることの醍醐味』です。

 

なので、自分都合に『これ』と頑固に制限するよりは、これは目的の1つではあるけど、それ以外も幸せ♡と自分に許可しておくことで必死感がなくなって気も楽だし、拡大と発展、飛躍し始めます。

 

必死感を出すと、必ず死にます(笑)

 

字のごとくです。

 

高い志のままで前進するのは自由なのですが、本当の自分のことがわからないうちから盲目に無知に前進しようとすると、わざわざプロセスを辛くて険しい苦しいものにしますので注意が必要です。

 

燃え尽き症候群のように、途中情熱や意欲が低下して、できない自分に失望し、本来の自分の目的を見失い、自己価値をさらに下げるのです。

 

 

やってみないとわからないし、そこに損得勘定を持って取り組む人は、損か得かの範囲内でしか体験できません

 

ネガティブで頑なな人ほど、辛い状況や課題を自分で引き寄せて苦悩します。

 

損か得かで動いていると、まず人間関係では信頼されなくなります。

 

気づけば、自分の周りにもそういう人ばかり集まってきて、損か得かとジャッジされます。

 

仕事として何かを提供する際、精度や技術をジャッジするのはあなたではなく、創造主とクライアントです。

 

あなたは、今自分ができることをやるだけです。

 

地球は、自分一人が生きているわけではなく、

自分と同じように、他者にも目的や役割、課題があって共存しています。

 

一族の課題を一手に引き受けて、地球に転生する魂だっているのです。

 

自分の都合だけでなく、相手や関わるすべての人にも都合、課題があり、それは住んでいる地域や日本全体、世界、地球、宇宙規模でも同じように課題があるのです。

 

 

地球に生きるとは、『生かされている』のであり、自分はあくまでもその貴重な一員なのです。

 

自分が過ごす環境(肉体、生活環境等)を大切にすることは、地球へのリスペクトです。

 

覚醒していないと、これらの意味が全く理解できないと思います。

 

 

気づける人は何を言わなくても、すぐに気づきます。

 

 

知らない人が多いので再度言います、

自分に制限すると、それ以上のことは宇宙から来なくなります。

 

ここは覚えておくといいでしょう。

 

 

実際のところ、ヒーラーなどを目指して講座を受講する中で、本職では予想だにしないポジティブな変化が起こり、仕事にやりがいを見出し、奇跡的な出来事を体験したりします。

 

昇進したり、待遇が上がったり、不仲が解消されて仲が深まったり、

人生の伴侶が現れたり、体調が劇的に改善されたり、いつの間にか別の才能が開花してきて、奇想天外な幸せと喜びがやってきて波及し始めます。

 

 

結果的に、今までどおり組織に所属して働きながら、スピリチュアルをより良く生きるためのツールとして役立てている人もいますし、実際に本業や副業としてヒーラーやマスターとして活動している人もたくさんいます。

 

自分の人生を楽しんで生きていないと意味がないのです。

 

自分らしさ+自分の才能+スピリチュアル=本当の自分で生きること。

 

私はここを推奨しています。

 

才能は、掛け合わせるほどに、極めるほどにあなたの価値が上がります。

 

 

それにきっかけはどうあれ、ヒーラーやマスターの講座を受講し、そうなると意図して取り組んだ時点で、どうしたってその時は来るようになっています。

 

そのタイミングが、自分が思っているタイミングと一致しているとは限らないのです

 

いつ来るかわかりませんから、いつでも出動できるよう、日々必要なことを謙虚に鍛錬するのみです。

 

 

準備ができた人にチャンスは巡ってきます。

 

 

スピリチュアルを学ぶ人に必要なことは、自分を制限する考え方、受け止め方に固執しないことです。

 

ほんの数十年、地球で生きてきた自分の経験値で考える内容よりも、この宇宙を創造した創造主から与えられる内容や贈り物のほうが、どう考えても優れています。

 

魂が喜ぶ体験にフォーカスしないで生きていると、常にエゴが優勢になります。

 

高次意識としっかり繋がった証拠として、宇宙がどれほど広大無限で制限がなく、無条件の愛で成り立っていて、そこに生かされている私たちがどれほど幸せかを理解します。

 

その状態で生きていると、自分の周りに不幸な人や、ネガティブな人はいなくなります。

 

ただ信じて委ねるだけでいいのです。

 

信じていないから委ねられない、怖れがあるから委ねられない、

 

ただそれだけです。

 

考えてみてください。

 

今までその観念で生きてきて、自分の思い通りに生きてこれなかったわけですから、これからどういう生き方をすればいいかわかるはずです。

 

  

『~でなければならない』をやめれば、人生は楽しく軽くなります。

 

 

この世を生きるための重要な神殿である肉体に、あえて自分から有害なものを取り込まなくなります。

 

自分のステージが上がると『~でなければならない』とは考えなくなります。

 

なぜなら、そのような偏った頑固な考えは、完全なる執着と依存の意識で成り立っていて、エゴだとわかるからです。

 

何かに執着、依存して生きていると、必然的に自己波動は下がって重たくなります。

 

自分の波動を下げっぱなしで他者に奉仕する人がいますが、今の時代そのやり方は最善ではありません。

 

それはひと昔前の、衣食住、環境、何もかもが劣悪で貧困だった時代には最善でした。

 

今は2019年、時代は刻刻と変化しています。

 

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制