· 

ツールを使いこなす

近年、スピリチュアルツールとして人気のオラクルカード。

 

スピリチュアル好きな人なら、1デッキはお持ちではないでしょうか。

 

スピリチュアルを仕事にする人にとっては商売道具の1つですね。

 

この度、満を持して改訂版新講座として【ゴッド・プログラム】を開講しました。

 

このプログラムには、葛藤やブロックの解放には欠かせない教材としてオラクルカードやその他のスピリチュアルツールが最初から付属されています。

 

これらのツールは、私自身がこれまで実際に使ってみて確実に目が覚めるためのツールで効果のあったものを厳選しています。

 

現在も自分のメンテナンス用に使っているものばかりです。

 

特にスピリチュアルを仕事にする人にとっては、自分をメンテナンスするこれらのツールは必須でしょう。

 

自分のメンテナンス具合によって、提供する波動、気づき、精度もすべてが変わってきますから。

 

このような物理的ツールは、3次元の地球に生きているからこそ利用価値があります。

 

スピリチュアルツールを色々と知っていたり、それらをクライアントの状態によって適材適所で使いこなせることは、優れたヒーラーやマスターのスキルの1つだと私は思っています。

 

スピリチュアルツールを使っても、使わなくても、チャネリングやリーディングの精度が変わらないと完璧です。

 

 

オラクルカードのいいところは、潜在意識から導き出されたガイダンスが出るところで、状況を客観的に読み解けるところです。

 

絵柄がキレイなもの、可愛いもの、斬新なものもあり、透視能力を持たないクライアントからは、リーディング内容を視覚的に楽しめるというわけです。

 

3次元という物理世界に生きているからこそ、私たちが持っている感覚器官で得た情報を、物理的に見れることは誰にとっても有益だと思います。

 

チャネリングや透視能力が長けてくると、このようなスピリチュアルツールは必要なくなりますが、あえてクライアントに見せるためにカードを使用するのもいいでしょう。

 

色を見ているだけで人間のオーラは変わりますし、キャンドルの火を見ているだけでも浄化されます。

 

 

このような変化は、肉をまとったこの3次元の世界=地球という物理世界だから可能になります。

 

効果的なスピリチュアルツールを使うと、葛藤や根深いブロックの解放が抜群に早くなり、それは無理なく安全で気づけば覚醒していて、自分が望む状態になっています。

 

私は、自分の肉体を使って実験して確かめたり、探求することが好きなので、人に教えられることや引き出しをたくさん持っています。

 

知識を入れたら、自分の体で確かめることでしか自分の答えは出ません。

 

同じツールを数回しか使ったことがない人、

週ヵ月使ったことがある人、

数年使っている人とでは、

 

体験する内容も、精度にも雲泥の差があるように、自分がやってみてどうだったのか?がポイントです。

 

 

例えば、レイキにしても、何らかのスピリチュアルツールにしても、それらを使いこなせる人と、使いこなせない人がいて、精度もまるで異なります。

 

見慣れたものでも、ひらめきと工夫一つで何倍にも発見が広がります。

 

直感やひらめき、アイデアや創意工夫、これらはすべて高次意識からくるものですが、ツールが使いこなせると精度やひらめき、情報量が格段に上がります。

 

使いこなせる=高波動に同調できる、ということです。

 

 

高波動なので、何にチャレンジしても楽しくて、欲求不満もなく満足します。

 

本当の自分の姿を再現・理解するために、スピリチュアル講座やスピリチュアルツールは、これからの時代もより必須のツールです。

 

というのも、自分のことがわからないで生きていることからストレスや不運な状況が始まりますからね。

 

自分ありき、自分を丁寧にメンテナンスすればわかります。

 

 

それから、スピリチュアルツールを使っていると、それを媒体にして高次意識が私たちに関わりやすくなります。

 

長年培った葛藤やブロックは、意識だけ強制的に変えようとしても変われるものではありませんし、一時しのぎや小手先の何かで解消されるものでもありません。

 

安全で、確実に、自分に目覚めていくための優れたスピリチュアルツールは、この世の旅を楽しむために、誰にとっても有益で、やがて本当の自分に再会します。

 

知らなかった自分。

 

本当の自分。

 

魂は成長と進化を常に望んでいます。

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制