· 

古い思考は心も体も脆くなる

ノートルダム大聖堂の火災。

 

『ノートルダム』は、フランス語でわれらの貴婦人という意味で、聖母マリアに捧げられた寺院だそうです。

 

そして、昨日は阿蘇山の噴火もありました。

 

今のところ人的被害はないとのことですが、油断は禁物ですね。

 

フランスだから関係ない、熊本だから関係ない、ではないですよ。

 

一人がこの意識を持つことで、やがてその意識は瞬く間に波及共鳴し、増幅すると山をも動かす波動に変化します。

 

その逆も然りで、ポジティブな高い意識がネガティブを消滅させることもあります。

 

 

一昨日の夕方の、なんかいやぁ~な感じのどすのきいた雷と雨風、深夜のなんか気持ち悪い感じ。

 

この先も地震等の被害が起きないことを願うばかりです。

 

 

日本で起きている全ての出来事は、日本に住んでいる人全員の意識と世界の人々の意識にも起因し影響を受けています。

 

先日インターネットTVで、すぐキレる大人、自分をコントロールできない中高年が増えていると問題を提起していました。

 

 

あるバスの中で、60歳前後の男性が、自分に席を譲らず座っている母子に対して、汚い言葉で罵倒するというニュースがやっていて、別の乗客がその一部始終を動画撮影していた模様

 

 

その年配男性は、自分は年配だから座って当たり前、譲ってくれて当たり前だと主張し、女性側はそれはおかしい、誰が座ろうと問題ない、強制的に席を譲れと文句を言ってくるあなたがおかしいと反論していました。

 

結果、女性側は最後まで席を譲らず座っていたようです。

 

 

出演していたコメンテーターも口々に言っていましたが、この男性の年代特有の、上下関係を出してきて、自分の常識や観念を一方的に人に押し付けるやり方、年功序列の癖が抜けない等々言われていました。

 

そもそも公共の交通機関ですからね。

 

自分だけ優遇されることはないわけで。

 

この男性が荷物が多かったり、体が不自由だったとかなら状況も違ったんでしょうけど。

 

一番問題なのが、公共の場で自分をコントロールできないところで、男性が女性に対して暴言を吐くあたりが、

 

古いです。

 

中高年の女性が男性に暴言を吐くケースも増加しているそうです。

 

 

私の見解では、個人的に長年の欲求不満がたまっている中高年が増加していて、幸せな人生を送っていない人ほど他人のことを悪く言ったり、自分の体には不摂生を強いていたり、お酒やタバコ、飲食物、ギャンブル等々何かに、あるいは誰かに依存して生きているケースがほとんどです

 

心理的に自分に罪悪感や疚しい気持ちがあると、何でも自分目線でしか物事は見れなくなり、何でも自分都合に人を裁こうとします。

 

 

古くて役に立たない、古い観念や固定観念を持って生きている人は、それ自体波動が重いのです。

 

諦めて乱暴に生きている人も多い世の中です。

 

新時代に行ける人と、行けない人が確実に存在しています。

 

時代は、ものすごいスピードで変化していて、どんどん軽くなっています。

 

軽い人は、宙を舞う羽のごとく素直で軽いので、日々楽しく幸せです。

 

自分が望む状態が常に差し出されます。

 

 

新しい地球へすでについていけなくなっている人も出てきています。

 

欲求不満という害と毒に自らをさらして生きる人、

 

自分の好きな世界で軽く楽しく生きる人、

 

自分次第です。

 

順応性や柔軟性がないと、これからの時代は益々しんどくなります。

 

内面の美しさは外見にすべて現れ、

 

その人間の本性は外見にすべて現れます。

 

わかりやすい世界です。

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制