· 

教えたくない神社

『国常立尊(くにのとこたちのみこと』。

 

この広い北海道内で唯一祀っているのが札幌御嶽神社です。

 

この神社は、札幌市中心部から西へ8kmの距離、見渡すかぎりの山々に囲まれた絶景が広がります。

 

今日もバス→地下鉄→バスで乗り継ぎ。

 

旅の時はだいたいそうなんですが、乗り物に乗っている時から空には龍が現れます。肉眼で見るともっと色が濃くて、どこまでも続く長い長い龍でした。

 

バス停からは10分ほど歩きます。

 

 

異星人

 

ここからいよいよ本殿へ

鳥居から角度を変えて撮ると、まだいた異星人

参拝後、おみくじ引いたら大吉

 

 

お札も買ったし、さぁ帰るかと思ったら、

待ってました!とリュックめがけててんとう虫が!

 

てんとう虫『あー暑っい(汗)ちょっと休憩させて。どっから来たの?』

『中央区』

てんとう虫『いい行いだね、あんたうまくいくよ』

『やったぁ♡このままうち一緒に帰る?植物いっぱいいるよ』

てんとう虫『いや、今の生活がいい。人間て自分都合だよね。

ったく。もう行くわ』

『ごめんね、会えて嬉しかった♪気をつけてねぇ!』

 

よし、すべて順調♪

 

 

御嶽神社の奥様が外で庭仕事をなさっていて、色々お話を伺うことができました。

 

要約すると、

神様といえば一般的に天照大神だと思っている人が多く、それより上の神様がいることをほとんどの人が知らない。

私たちは神様のものをすべてお借りして神様の中で生かされているが、

三歩あるいたらすぐ忘れてしまって毎日過ごしている

 

ここで引いたおみくじも、今日のこの話を含めた内容が書かれていて心に響きました。

 

日本人全員が我を振り返る時期に来ていると改めて痛感しました。

 

女神のような笑顔でお話を聞かせてくださった奥様、

ありがとうございます。

 

 

バスの終着駅が五天山公園というのですが、そこの見晴台から御嶽神社が神々しく見えるらしいので行ってみることに。

 

 

途中、素敵な小滝を発見しましたが、残念ながら立入禁止区域

 

真横から撮影してみる

ちょっとだけ浄化のおすそ分け

やばい、ピラミッドがある(笑)

 

大山祇命に入山のあいさつを意図

せっかくなので、第2見晴らし台(303.5m)へ

きれいに舗装されています

 

到着

御嶽神社は一番左上の緑色の屋根

 だれもいない。

数日前、市内でヒグマ出たって言ってたし、

大山祇命に感謝して逃げるように下山

 

カードを引いたら22、神様の数字

お守りいただきありがとうございます。

必要なことしか見ない、聞かない、体験しない。

すべては本人の自由意志

ありがとうございます。

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制