· 

体に出た時は最終警告

スピリチュアルは、知れば楽しいし、学ぶと自分の世界が広がり、

 

人生が価値あるものとわかります。

 

ヒーリングやアチューンメントを受けている時の、あのなんともいえない感覚、心地良さ、不思議体験は病みつきになります。

 

 

ですが、

 

肉体や心の問題を疎かにして、目に見えない世界に没頭していると、不調や病として体は気づきを与えてくる時があります。

 

 

こういう場合は生き方を根幹から見直し、立て直しを図る時です。

 

 

自分の体が健康で生かされている時=宇宙と共鳴して生きている時です。

 

心身が脆弱してくると、体はイエローカードを2度3度出してきます。

 

それに気づかず同じ状態で過ごしていると、

 

今度は、不調や病として体は出してきます。

 

なぜなら、本人に気づいてほしいからです。

 

 

外見の変化もそうです。

 

 

私たちは、自分の体を過信しがちです。

 

肉体は単に肉でできているのではありません。

 

エネルギーを伴っています。

 

エネルギーなしには生きられないのです。

 

エネルギーを受け取りながら生かされているのです。

 

心身共に波動が高ければ、不調も病も無縁です。

 

 

不調続きや病になって初めて気づくのでは負担がかかります。

 

スピリチュアルをすでに知っている人でも肉体の管理ができない人は多いと感じます。

 

肉体は、この世で一人ひとりに与えられた神殿です。

 

肉体を健やかに綺麗に保とうとする意識は、宇宙森羅万象と共振します。

 

肉体を粗末に乱暴に扱う意識は、宇宙森羅万象とは共振しません。

 

 

 

いくら目に見えない世界や神秘的なことが好きでも、

 

自分の神殿である肉体の管理がおざなりでは、

 

いつまでたっても高次意識と共鳴することはできません。

 

=高次意識が来ても気づかないし、何を示してきているかもわからない、ということになります。

 

 

魂が浄化されていない特徴として、ネガティブ感情、特に怒りと悲しみが体内に籠っています。

 

これを残して置いて喜びが訪れることはありません。

 

誰かの意識が付着、あるいは憑依されているケースも多々ありますので注意が必要です。

 

 

スピリチュアルを始めても、人生が思い通りにいかない時は

 

食生活と住環境の見直しをするといいですよ。

 

これだけでもかなり変わります。

 

 

ブロックの解放にしても、最初に自分の心・肉体から始まるように、

 

あたりまえにあることを、あたりまえに感謝して管理することが求められています。

 

感謝は自分の内側から溢れてくるものですが、

 

肉体が丈夫でなくては、その感覚を忘れやすく一過性で終わるでしょう。

 

 

自分の不調や病の原因を、自分自身や外部のせいなど、何かのせいにすることも間違っています。

 

 

排除、退くことは簡単ですが、

 

その意識があるかぎり、その状態をまた引き寄せ継続するでしょう。

 

長年の自分のブレーキを外し、ブロックを溶かして自由になるには、知識と経験のある人間に実際に関わって術を教わるしかありません。

 

それが最短、最善の方法です。

 

 

多くの人が自分を自由にさせないブロックの塊を大事に持っています。

 

そのブロック、これからも必要?

 

その苦手意識、何に役に立つのかな?

 

そのままで本当に幸せ?

 

 

皆さん、ブロックほど簡単に外せるものはありません。

 

生まれ変わることは誰でも可能です。

 

2020年まであと半年をきりました。

 

自分の体で奇跡を起こしたい人は、ぜひ私の教室に来てください。

 

各種講座をお申込みの方で『ブログを読みました!』の一言で特典あり♪

 

コンタクトフォーム

 

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

(メールは24H受付) 

完全予約制