· 

自信がない本当の原因

自分を信じていないと、人を信じることも難しくなります。

 

その証として、

 

人から褒められても、素直に肯定できず否定して返してしまいます。

 

そうすると、褒めた側の人も否定されたことになります。

 

ですので、

 

マイナス思考で生きることは、

結果的に、マイナス思考ではない周囲の人にもマイナスのエネルギーを拡散することになります。

 

 

自分のことを信じられず、信念もなく生きることは、

 

=自分不在に生きていること、

 

=憑依の温床となります

 

 

神様から借りている大事な神殿ではなく、

 

いつのまにか悪魔の温床になっているということ。

 

 

普通に嫌ですよね(笑)

 

 

自分の意識ではない誰かの意識で生きている、

 

それはニュースを見ればわかるとと思います。

 

わかる人にはすぐわかると思います。

 

 

憑依があると、理性が欠落するので欲求を抑えられなくなります。

 

性欲、食欲に睡眠欲は三大欲求ですが、

 

肥大化した欲求を日常でコントロールできないことは問題です。

 

 

生活環境、食習慣、人間関係にも悪影響を及ぼします

 

 

変な食べ方をしてる人、

 

要注意です。

 

 

同じことを何年も、何十年も繰り返しているのは、

 

憑依があるからです。

 

憑依があると、変わりたくても変われないのです。

 

変な霊を外すとその場から変わります。

 

 

単なるヒーリングセッションや、占いへ行っても、

 

憑依物をとってもらえなければ、何ら変わらないのです。

 

それどころか、

 

もし、長い年月悪霊が憑いているなら、

 

根拠もなく疑心暗鬼に陥っては自分らしく生きられなくなります。

 

 

素晴らしいセッションをどれほど受けても、

 

悪霊が肉体や現実にマイナスを引き寄せます。

 

これは決して脅しではなく、事実です。

 

 

だから、

 

一刻も早く自分を取り戻さなければ間に合わないのです。

 

ずっと生きずらくて不幸なのに、

 

あえて留まろうとすることも自由意志なので、

 

そういう観念を持つ人には、自主的に絡まないほうがいいです。

 

自分から絡む、自分から関わることをすれば、自己責任が生じます。

 

 

そこから離れてあげることも愛なのです。

 

 

年齢を重ねることでマイナスになることがあるとすれば、

 

頑固さと固定観念でしょう。

 

高次意識の介入を妨げる最大の原因ですので。

 

 

頭が固いということは、

 

=体も固いっ

 

逆に、

 

頭が固くても運動する人は全体に柔軟性が出てきます。

 

 

矛盾の観念を持つ人や、

 

あえてマイナス領域に留まろうとする人を、

 

自分本位に助けてはならない、

 

相手の学びの機会を奪ってはならない、

 

とイエス様から言われます。

 

本当に気づける人は自分で気づくからです。

 

 

相手を赦すことも、

 

相手を尊重することも、

 

相手を尊敬することも、

 

すべて愛。

 

自分と少しでも関わった人がこれからも幸せで過ごせるよう、

 

ただ祈る。

 

一緒にいても、いられなくても幸せ。

 

 

自分が今与えられた環境で、できることをするだけ。

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制