· 

信じる者は救われる

意識の違いは、環境と成長によります。

 

信じない者には、信じようとさせなくていい。

 

聞こえない者には、それ以上言う必要はない。

 

疑う者には、多くの話をしてはならない。

 

希望を持たない者には、光の話は通じない。

 

可能性を見ない者には、道は拓けない。

 

失敗を恐れる者には、成功はない。

 

怠惰に生きる者には、最善は尽くせない。

 

諦めた者には、復活することを静かに願い、

 

条件付けをする者には、それを容認し、

 

制限をする者には、拡大の意識で解放する。

 

否定・抵抗する者には、距離を置く。

 

 

多くの知恵と時間の共有は、関わる人にとって有益だ。

 

信じない者は、信じない次元に存在してネガティブを学び、

 

信じる者は、神界に存在して神のご加護の元にあらゆることを学ぶ。

 

 

人に優劣はないが、

創造力とその具現化、才能と能力の差は必然的に生じる。

 

自分の思い通りにならないという理由から、

 

 

すぐ諦めてやめるのは、自分を知らなすぎるからだ。

 

子供の時から成長していないということだ。

 

大人ですから子供より質が悪い。

 

そういう性質の自分を認めれば、すべてが変わり始めるのです。

 

光を見出して光を増やす、

 

光が見えなくても光と繋がることはできる。

 

光を見出せるのは、光に同調できる同周波数を持っているからです。

 

 

輝きなさい

イエス・キリスト

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制