· 

気が合うは周波数が合う

元気の『気』はエネルギーのこと。

 

気分、気が合う、陽気と陰気、寒気、気性・・・

 

これらはすべてエネルギーが絡んでいます。

 

エネルギーはそれぞれに周波数を持っています。

 

人間としての姿、それぞれの個性も、固有の周波数を持っています。

 

 

曖昧でエビデンスのない、見せかけのスピリチュアルでは怪しまれて当然です。

 

スピリチュアルといっても、入口が色々あるので知ってる分野・知識が異なります。

 

いる次元も様々なので、スピリチュアルを知ってるから、学んでるからといって話が合うとは限りません。

 

もう10年以上前の話になりますが、

あるエネルギーワークの伝授を受けた人から、すごくお勧めの本があると強く勧められた本がありました。

 

それは三部作の分厚い本で、読むにも時間がかかりそうでしたが、せっかく勧めてくれたので自分で買ってみました。

 

しかし、

 

いつまで経ってもとにかく読む気になれない、

読もうとすると眠くなり最後まで読めない、

やっと読めたら、何ページ読んでもつまらないし共感できない、

 

1冊目でこうでしたから、

 

その後1年経っても、2年経っても、この本を手に取ることはありませんでした。

 

自分も覚醒し、気を取り直して本棚から出しみましたが、やっぱりつまらない。

 

結局ブックオフ行き(笑)

 

あんなに豪語してたから人気の本なんだろうから、どれほど高値で売れるのかと思いきや、1冊数十円。

 

はぁ??ですよ(笑)

 

ほぼ新品だったので、あの本を見つけた人はラッキーだったかもしれません。

 

気が合う人から勧められた本って、なんだかんだ最後まで読めて勉強にもなります。

 

そこに欲しかった情報、必要な情報が書いてある、

 

という感じです。

 

 

音楽もわかりやすいと思います。

 

周波数そのものなので、自分が好きじゃない音楽は雑音にしか聞こえませんが、好きな人からすると快適な音楽になります。

 

 

好きな食べ物、テレビドラマ、アーティスト、芸術など趣味が合う人は周波数の合う人。

 

 

それだけで一体感が生まれますよね。

 

 

共感できる話を聞いたら、自分は今その周波数にある。

 

共感できない話を聞いたら、自分は今その周波数にはない。

 

 

単に、好きか嫌いかで判断すると人間関係ではトラブりますが、

 

周波数で捉えると相手との違いを尊重できて、不要な摩擦を避けられますよ。

 

気の合わない人がいたからといって、合わせる必要はありませんが、違いを認めて配慮することは大切です。

 

そうすると、合うところがあることに気がつきます。

 

気がつく=エネルギーが無から有になったということ

 

エネルギーが活性化しているうちに行動すれば腑に落ちます。

 

気=エネルギーを意識して生きていると気づきも納得も早くなります。

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制