· 

井の中の蛙大海を知らず

命は環境で育つもの。

 

植物

動物

子供

 

 

この中で客観視できるのは植物だ。

 

動物、子供、人でも、精神的に成熟した人が指導者なら客観視も可能だが、

 

地上(地球)にいる間はエゴが入りやすくなる。

 

なぜなら、それが人の学びだからだ。

 

人は、自分と似たものに同調しやすくエゴが入りやすい。

 

そうであるから、

 

一人ひとりが自分を律し、大いに学ぶほかあるまい。

 

 

エネルギー持ったら立体方向に活かせよ。

 

さすれば、弥勒の世は近い。

 

 

大海を知らない人と、

 

大海を知って経験がある人では、

 

学、知、視野、懐、記憶が加えられる。

 

 

最初は小さな水たまりの生活から始まっても、

 

最終地がどのような環境で終焉するかで次が決まる。

 

 

神から与えられた命続くかぎり、

 

地上で肉体を持って学び生きることに無上の喜びを感じよ。

 

感謝の意味履き違えんと。

 

 

我らの同士を支援する

サナト・クマラ

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制