· 

七福神

日本人なら誰でも知ってる七福神。

 

子供の頃の家や、おめでたい席には7人の神様の笑顔。

 

商店に行くと、目につくところに大黒様と恵比寿様。

 

お寺へ行くと、毘沙門天様、福禄寿様、布袋様、弁財天様。

 

 

商売繁盛、縁結び、家内安全、無病息災など、

 

人々は災いが起きないよう、たくさんの繁栄を神様に願います。

 

神社やお寺に疎くても、

 

 

七福神の存在を知らない人はいないでしょう。

 

 

どんな時代を迎えても、

 

現在まで連綿と引き継がれてきたことには意味があります。

 

日本にはそういうものがたくさんあります。

 

でも、当の日本人が知らないことも山ほどあると思います。

 

 

一点の曇りなく純粋に悪意なく誤った認識で過ごすのと、

 

間違っていることを知っていてひた隠しに過ごすのとでは、

 

精神とカルマに影響が出ます。

 

 

”知らない”というのは、

 

=その次元を知らない、学びが足りないということ。

 

知らなかったからしょうがない、ではなく、

 

謙虚に学べるかによって能力に差が生まれ、

 

人格と器量、霊格に反映されます。

 

 

”~だったからしょうがない”を自分都合に解釈していないか?

 

 

宇宙の一員として、

 

広大無限の叡智を拝借・堪能するためには謙虚で慎み深く、

 

が基本です。

 

 

今回日本人として生まれたことの奇跡、課題、目的、なすべきこと、

 

日常的に意識していれば支援も来ます。

 

今見える”ない”にフォーカスするのではなく、

 

やがてくる、もうすぐ手元にある状態を信じて、

 

粛々と必要な準備を進めることです。

 

やがてわかります。

 

今より良い状態になりたいなら、

 

今を精一杯最善を尽くして良くするしかありません。

 

 

地上に生きる私たちに七福神も支援に来ています。

 

人と心を通わせることは、

 

神様に感謝と敬意を表すること。

 

皆皆生きているんだ友達な~ん~だ~♪

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制