· 

回路ないと厳しい

人は癒されていない部分があると、

 

知らず知らずのうちに甘え、愚痴、不満が必ず出てきます。

 

 

積もり積もってからやろうとすると、収集に時間がかかり、負荷もかかります。

 

 

病気が一番わかりやすい具現化です。

 

 

日頃から少しづつお片付けしていれば、

 

何ら大変なことでも、

 

難しいことでも、

 

時間を要することでもありません。

 

 

エネルギーワークを始めると、

 

好転反応が出る人、全く出ない人、出てもすぐ消えて順調に覚醒していく人とに分かれます。

 

順調に覚醒してきた人こそが、

 

これからの指導者です。

 

 

だってもう2020年ですからね。

 

 

指導者になる側の人間が、同じ問題を5年10年またはそれ以上くりかえしている時点で指導者には不向きだと私は思います。

 

仮に今50歳で、これからスピリチュアルのスから始めるとしたら、人より2倍3倍それ以上の浄化と勉強が必要になりますし、固定観念なくして意識の総入れ替えができないと務まらないと思います。

 

人間、癒されていないと、リーディングもチャネリングもすべてエゴイスティックなものになります。

 

それは=相手が不快に思うリーディングを平気でするということ。

 

 

なので、

 

 

癒されていないとクライアントに柔軟に対応できなくなります。

 

人の役に立ちたい、クライアントの相談に乗る前に、

 

まず自分の悩みや葛藤を解決して環境整備するのが先決です。

 

加えて、人一倍の熱意、持久力(体力)がないとまず無理でしょう。

 

 

神と繋がっている人のリーディングなら誤解は招きません。

 

変なところと繋がった情報を伝えるから人を不快にさせたり、

 

平気で人を傷つけたり、

 

変に受け取られるのです。

 

 

ブロックだらけの癒されていない人や、

 

不十分な知識と経験でリーディングやチャネリングを他者へすることは誤解を招きます。

 

 

第1~3チャクラをしっかりヒーリングすると、

 

グラウンディングとセンタリングされるだけでなく、

 

宇宙と安定して繋がります。

 

こうなると、望ましくない波動が根ざすことがないので、

 

自己顕示欲から他者に不快なリーディングをすることもありません。

 

精度の差は次元の差。

 

謙虚に誠実に取り組んでいれば変なのとは繋がりません。

 

アチューンメントを受ければ宇宙と強固に繋がり神と再接続されます。

 

エネルギーの回路を持たない人、

 

これから色んな意味で、もっとしんどくなりますよ。

 

愛は、命と地球を救い、

 

光(エネルギー)は、元気に豊かにします。

 

愛と光は神からの贈り物

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制