· 

厳しい時代が到来

良識の外れた中高年、今本当に多いですね。

 

20~30代ならまだしも、

 

40にもなって!とか、いい歳して〇〇だったというようなお話、

 

外部からもよく聞かされます。

 

 

社会経験が多い・少ないの問題ではなく、

 

今まで誰とどんな時間を過ごしてきたか、

 

何をしてきたかによって、

 

その人間の人格、器、観念、習慣が決まります。

 

加えて、

 

霊格、意識レベル、エネルギーレベル、覚醒レベルも決まります。

 

 

同じことを習ってもすぐにマスターする人、すぐにアセンションする人、

 

逆にいつまでもアセンションしない人、自ら変な方へ落ちていくディセンションする人もいます。

 

どちらの人が、人からあるいは社会から必要とされるでしょうか?

 

 

明確ですね。

 

 

被害者意識を持って人と積極的に関わろうとしてこなかった人、

 

嫌なことから逃げて向き合ってこなかった人、

 

自分のことしか考えない傲慢で努力しない人、

 

無知、あるいは理性がきかない故に、

 

土足で人の領域に入ってくる自分都合の人、

 

 

このような人たちは、これからも出口のない迷路を彷徨い続けます。

 

 

目が肥えていない人ほど、

 

身の丈に合わない結果を欲しがりますし

 

手っ取り早く何かを手に入れようとします。

 

 

手に入れたところで、自分を知らないのでまた次の何かが必要になり、いつも心は満たされず、余裕もない。

 

こういう不幸な生き方を続ける人と、

 

絶好調で幸せな人が真っ二つに分かれる時代です。

 

 

気づけば、変なものに踊らされて都合よく扱われ、自分を見失って生きる人が、これからますます増える、

 

犠牲と同情からは惰性と傲慢が生まれ、真実の愛と最善を萎えさせるかわりに虚栄と依存を植え付けるとイエス様はよく言います。

 

 

”気づけない”のって、実に気の毒です。

 

 

それでいて、自分を正当化して自分の非は認めず、口を開けば言い訳で譲らない、

 

自分に都合が悪い時は、立場をわきまえず人に突っかかって攻撃してくる、

 

 

こういう人が今多い原因って、わかりますか?

 

 

魂が喜ぶ生き方をしていないから、心身にストレスという毒が溜まって誤作動を起こすのです。

 

選ばれる人と選ばれない人。

 

愛される人と愛されない人。

 

必要とされる人と必要とされない人。

 

一緒に何かをしたい人と関わりたくない人。

 

 

変な人は誰が接しても変だと気づくし、

 

同じ時間を共有したい人の周りには人が集まってきます。

 

 

何の目標を掲げ、何を行動して成し遂げ、どんな結果を出して経験をしてきたか?

 

他者や周囲とどう関わり、何をして生きてきたのか?

 

ここが自分がいる次元の快適さに比例します。

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00不定休

完全予約制