· 

灯台周囲も明るし

Happy Merry Christmas!!!

 

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 

今日はクリスマス・イブですね。

 

仕事が終わってから、ご家族や大切な人と過ごす人も多いと思います。

 

平日だから、ひとまず普段どおりという人もいるかな。

 

とりあえず、ケーキかシャンパンぐらいはいただきたい気分ですね。

 

 

昨日、受講生からいただいた幻のりんご『こみつ』さん。

 

プリプリに光ってます。かわいくない?

 

少々小ぶりで甘そうです♡

見てください、この密↑

 

予想を絶するうまうまりんごでした~~~♪

 

子供の頃って、よく蜜入りりんごを食べてた気がするんですよね。

 

こういう皮までまるかじりできる美味しいりんご、昔はもっと普通に売ってた気がするんだけど、最近モサモサの美味しくないりんごが多い気がします。

 

みかんも、実家の段ボールに入ってたみかんは味が濃くて何個でも食べてたけど、最近買うと水っぽいというか味が薄い気がする。

 

消費者は、どこから何を買うか選択の自由が広がりました。

 

 

今日のブログテーマは、

 

灯台周囲も明るしについてお話します。

 

灯台下暗しの生き方は、これから増々人生がきつくなるでしょう。

 

もうすでにきつい、乗り遅れぎみだと感じている人も多いかもしれません。

 

自分の精神・心・身体のメンテナンスと管理、

日常生活の管理ができていない、

現時点での自分を取り巻く人間関係や葛藤の管理、

 

 

これらの管理ができないこと=灯台下暗しの生き方、

 

これらの管理ができていること=灯台周囲も明るしの生き方、こちらが新時代の生き方です。

 

 

足元に石があるのに、無視して進むとどうなるでしょうか?

 

 

転びますね。

 

 

人間は、自分の体を使って学んだことしか習得できません。

 

長年の”嫌なもの”に蓋をする生き方では、闇が光に変わるはことなく、心身が疲弊し病み始めます。

 

自分軸がなくなるまで毒づいた心身を治癒させることができるのは最終的に自分です。

 

自分の心と身体と連携が取れない人は、過去の問題に囚われたり、何かに依存することで痛みを感じないように置き換える前に、自分開発を必死にやったほうがいいです。

 

気づけた人からそうしていて、それが最も確実で軽くなります。

 

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00

不定休

完全予約制