· 

悪い例から学ぶ

悪い例は、いたるところに存在します。

 

生きていると、自分が演じようとしなくても悪い例を演じていることだってあると思います。

 

スピリチュアルの世界に精通し本物になればなるほど、

 

”違いがわかる”ようになります。

 

 

逆に、

 

違いがわからない=それほどの技能を持ち合わせていない、本物ではないということです。

 

だから、

 

中途半端で曖昧なゆるいスピリチュアルでは怪しく見られますし、説得力にも欠けるし、結果も出ないわけです。

 

で、最後は嫌がられます(笑)

 

 

そんなスピリチュアルでは、いつまで経っても世間一般の人々の魂には響かないわけですよ。

 

3次元の現象界という世界に生まれ、偏った教育しか受けてこなかった我々は、エビデンスがないと不安というのも理解できます。

 

 

地球規模で魂の覚醒が始まっていると同時に、

 

霊的な仕事に関わる側のスキルに大きな差が生まれているのも事実です。

 

認知度や規模よりも、本質を知り、出し惜しみなく本物が本物を提供することで関わるすべての人に未来にも繁栄をもたらします。

 

 

なので

 

積極的に自分から何でも経験しようという信念を持つ人は、

 

必然的に他者へ与えるものが多くなり、神々から寄せられる激励も多いということになります

 

 

自分がこの地球に何目的で来たのか?

 

 

1つでもわかれば、安心して前進することができるのです。

 

悪い例から学んで、

 

失敗をするごとに成功する。

 

いちいち見返りを求めなくても、いつでもどこでもそれ以上のことが寄せられる。

 

 

意識の拡大が進むことで祝福が多く寄せられます。

 

本質を学ぶ本物スピリチュアルを身につけるには、

 

すでにその領域に達した人から学ぶしかないのです。

 

本物ほどエネルギーは大きく波及し、

 

 

本物ほど奈落の底~神界まですべての領域を体験しています。

 

 

スピリチュアルを学ぶとは、

 

見えない世界の神髄を可視化させる技術を身につけることなのです。

 

それは、誰でも学ぶことができます。

 

自分を高めたい、人生をより良いものとしたい人が真剣に学ぶとそうなります。

 

 

ご先祖様

関わる人々

神々

 

皆に喜んでいただけるよう努力して生きることが大切です。

 

 

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00

不定休

完全予約制