· 

ついてる人ーその4ー

もうこれがないと新時代は厳しい。

 

 

無邪気さ、素直さ、朗らかさ

 

 

『素直さ』に関しては、どの分野のメンターも必ず言っています。

 

昔からこの部分は変わっていないのでしょう。

 

 

ネガティブなことにずっと囚われている人、

 

自分のことしか考えない人、

 

無駄に疑いを持って生きる人、

 

結果的に、それらを全身全霊で学ぶことになります。

 

 

今コロナの影響で、自分の本性が出てきた人は多いです。

 

この時代だからこそ、そうなっています。

 

これからは、もっとそうなります。

 

今までの生き方、今の生き方がすべて露呈するのです。

 

隠しても隠せないのです。

 

 

やろうとすることが、

 

ピターっと、

 

ビシーっと、

 

収まるところに収まって、

 

すべてにタイミングが良く、

 

一切の無理もなく、負担もなく、

 

どんどん良くなって進んでいきます。

 

だから、

 

そういう人の生き方に共鳴すればすぐその次元に入れるということ。

 

 

あと、もう一つ、

 

イエス樣がよく仰るのが、

 

自分都合に心配したり、

 

宇宙のタイミングを待てない人、

 

人に介入しすぎる人、

 

こういう人はこれからそれらを学びます。

 

 

待てないのは、自分を優先したいからで、

 

人に介入しすぎるのは自己満足から生じている場合があります。

 

結果的に、自己責任も自己負担も大きくなります。

 

実際のところ、

 

自己顕示欲や承認欲求という欲求不満から人に尽くしている人も多いのです。

 

これは、結局自分目線なので双方の進化にはならないです。

 

 

待つことができないのは、恐れに根差しているからです。

 

低次意識のエゴは必ず急かしますし、

 

損得意識が強く働きます。

 

癒しても癒しても癒されないのは、

 

自己課題を次々と積む生き方をしているからです。

 

 

やってもやっても良くならないのは、

 

日々課題を積む生き方を選択しているからです。

 

 

ついてる人になれば、待つことになっても受け入れます。

 

なぜなら、それが自分にとって最善だと知っているからです。

 

しかも、

 

この地球は一人で生きているわけではありません。

 

一人一人の意識レベルに合わせて宇宙制御で生かされています。

 

ついてる次元に入ると、自分主導ではないことに気がつきます。

 

大革命の時代です。

 

 

 

ことあことcote a cote

9:00~18:00

不定休

完全予約制