· 

捨てる神あれば拾う神あり

人生の中で辛い時期を過ごしていた時、一筋の光は現れました。

 

その光は神で、

 

神は人でした。

 

人そのものが神であり、

 

神の依代にもなることがわかりました。

 

神が人の姿を借りて助けに来ることがわかりました。

 

支え合って、絡み合って、生きていることがわかりました。

 

 

困った時に自分に手を差し伸べてくれる存在、

 

それが身近な友達や家族、大切な人、仕事仲間、

 

何気なく行った先のお店の人の優しさ、

 

目に見えないレベルで見守ってくださる御先祖様たち、

 

魂の仲間たち。

 

スピリチュアルを学んだら高次意識がいることもわかりました。

 

地上で暮らす時、我々が守られていることもわかりました。

 

守られていない時が不安になって葛藤し、恐れを抱くこともわかりました。

 

 

皆様も窮地に陥った時、光となる人が現れたはずです。

 

 

それは人の姿をした神であり、

 

あなたの一部です。

 

 

たとえ、

 

現実世界で自分を捨てる神がいたとしても、

 

拾う神もいます。

 

だから安心していいのです。

 

 

相手の中に光を見出すことが自分を知ることであり、

 

神探しとも言えるでしょう。

 

辛抱強くありすぎない。

 

忍耐強くても笑うことを忘れてはならない。

 

なぜなら、我々は無限の光の存在だからです。

 

内にも外にも神を見つけましょう。

 

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00

不定休

完全予約制