· 

誰かに答えを求めているうちは覚醒しない

自分軸を失って生きている人に共通することがいくつかありますが、

 

誰かに答えを聞いて、肝腎要の自分の体験は端折る

 

 

自分を知らないがために、必ず自分と誰かを比較して、

 

いいか悪いか?

 

正しいか間違っているか?

 

二元論的ジャッジを下す習慣。

 

 

こういう人の周りには、宇宙の法則により同じ体質の人がウヨウヨ集まってきて結局自分がジャッジされます。

 

最も身近な自分自身、家族や身内、パートナーシップ全般でスムーズじゃない構図が出来上がるのです。

 

すべて自分で引き寄せてるんですけどね。

 

 

義務教育の習慣から、

 

その後も一般的な職場に就くと継続される思考パターンといえます。

 

 

そのおかげで、現実世界では同じ葛藤をくりかえし、全然うまくいかなくて、いつも不愉快でブロック対応に追われる人生になります。

 

 

スピリチュアルを学ぶ際、この思考パターンを手放せないといつまでも居心地が悪くて魂は進化できなくなります。

 

一方的に流れている情報を見聞きするのと同じです。

 

それで全部うまくいくなら、

 

わざわざ低波動の地球に来ませんよ(笑)

 

それすら思い出せないまま人生が終わってしまいます。

 

 

今の自分、生き方、状況、環境を考えた時、

 

幸せで何不自由なく、全部思い通りに軽々生きてる人は別として、

 

そうじゃないなら完全浄化が必要ということ。

 

ここを知らず、あるいは着手せずに、ずっと逃げて生きてきたから今しわ寄せが来てるだけなんです。

 

 

ライオンズゲートは今日を境に閉じていきます。

 

益々軽く、楽しく、幸せに、上がろうとすべきことをしてる人は上がるのです。

 

上がる=生きながら天国次元を体験できるということ。

 

 

なので、

 

霊的理解ができないと全てに厳しい時代に入っています。

 

これからは益々そうなります。

 

人格と共に霊格を上げておけばどこにいても安心、安全、心地いい。

 

丹念に魂を磨きましょう。

 

ことあことcote a cote

12:00~18:00

不定休

完全予約制