· 

2021年日本の岩戸開きと禊ーその2ー

今日は午前中に仕事を終え、午後はゆっくりしようと思っていたら、

 

『明治天皇陵、祈りを捧げたまえ、至急、強い日本、御霊へ祈りを』と聞こえ、明治天皇って明治神宮では?と思いつつ調べたら京都に陵墓が。

 

とにかく早く行かなければと、大至急新幹線に乗る。

 

これまた天気が良くて、電車もトントン拍子に乗れちゃうんだな。

 

今まで触れたことのない空気感。

 

ここから先に入ると、なんか知ってる空気感に変わったぞ。

電車は激すきだったし、

名古屋駅の人だかりとは次元が完全に変わった

 

 

天皇家の陵墓を守る龍神って、

ほんとスケールが違うんですよね〜

 

 

地元民と思われる散歩の人、ジョギングの人がいたぐらい

陵墓が顔に見えます。

 

この場所が一番好きなのだ

すべてに正しきカラクリあるのが我が国よ

目に見えぬものから何を創造し何を成し遂げたか、

その人間の今を見れば全てわかるようになっている

すべて記録されている

自分を進化させたいならこの国を守ることに邁進せよ

後世の日本人よ、

平常心保ち、知恵と体使って日本のために働いてくれよ

(私に対し)あらゆる意味で貧しい状態にある人に祈りなさい

真実も、叡智も、機会も、

体を使って学ぶ者にしか与えられない

頭を使うより心を使う者、

体を使って学ぼうとする者を助けるがよい

この後、ノギ神社にも寄って御霊を鎮め手を合わせてほしい

将軍がいる

 

 

私の地元、北海道神宮には明治天皇が祀られているのですが、

敷地内のエネルギーは明治天皇の奥様皇后も祀られているので

統合って感じのすごい大きい愛と清浄なエネルギーでした。

つうか、

将軍がいるって言われたけど、誰?笑

明治天皇陵だけで帰るつもりでしたが、

せっかくなので探して帰ることに。

 

 

 

ほんとにあった!乃木神社ですって!笑

まじかー

 

乃木希典(のぎ まれすけ)

日露戦争で指揮を執っていた陸軍大将だそうです。

明治天皇を慕っていたそうで、明治天皇崩御後に殉死したとのこと。

東京乃木坂という地名もこの大将からきているようです。

 

大将は昭和天皇の教育係だったようで、

”教育者ですか?頑張るのですよ、

死ぬまで勉強ですが机上ではなく全て実践、

命を活かしてください”と言われたように思います。

終始優しい笑顔で、

人の良さそうなおじいちゃんって感じで癒されました。

現代日本人の精神の弱さを懸念していました。

 

 

下記の写真は、日露戦争の軍艦吾妻の錨だそうです。

明治天皇陵へ入ってからずっと体が熱くて、

気温が高いせいだと思ってましたが、

どうやらYAPーDNAに火が付いた模様。

日本という国を残すために命をかけてくれた人たちのおかげで

自分たちが生きている

改めて体が熱くなりました。

 

 

この横に慰霊碑があるのですが、

ありがとう、来てくれて本当にありがとう、気づいてくれて

嬉しいですと複数人の温かい声が聞こえてきました(涙)

 

ありがとうこちらこそ、ありがとうございます、

呼んでくれてありがとうございます、

皆さんが命をかけてこの国を守ってくれたことを

決して無駄にはしません、尽力します

1人じゃなく同じ思いで同じように日本を良くしようと

頑張る人たちと一丸となって、がっかりさせないように努力します

だから見守っていてください

そう訴えている自分がいました。

 

 

 

境内にはたくさんの梅や山茶花など

植物が蕾を蓄えて生い茂っていました

まだ蕾だから香りはしないはずだけど、

ずーっといい香りが漂っていました、本当に感謝ですね。

とっても優しい領域でした。

近所の庭にも山茶花が

 

 

さ、本腰入れるか

 

 

 

ことあことcote a cote®

9:00~18:00

不定休、完全予約制