· 

医療に依存するかぎり目覚めない

今の時代は本当にわかりやすい時代。

 

道から外れて生きている時、

 

自らで負のカルマを増やしている時と言えますが、

 

その後も気づかず傲慢に生きていると、

 

確実に病気を引き寄せます。

 

 

それでも傲慢に生きていると、

 

病気は慢性化します。

 

そして、

 

日本人のほとんどが病院に依存して生きるようになり、

 

薬漬けになります。

 

ここまで来ると、固定観念の整理だけでなく、肉体の解毒に長い年月を要します。

 

 

 

こんなことを思い出しました。

 

中学の部活動の恩師が脳の病気で病死し、

 

高校の同級生カップルが交通事故で即死し、

 

高校の恩師はくも膜下出血で急死し、

 

 

昨日まで元気に会話していた人が急にいなくなるという現実。

 

田舎だったので、同級生が交通事故で急死したり、

 

その後担任が病死し、学校中が悲しみに包まれました。

 

私のクラスはこの体験があったことで、何か特別な繋がりを全員が感じてクラス一丸となって結束しました。

 

 

当時、その同級生カップルが一緒に写っている写真をずっと見ていると、

 

『心配いらないって!俺たちはこういう形で去ることになったけど、後悔はしてないんだよね。最後まで皆んなに迷惑かけてごめんな。(彼女)とはずっと一緒だから皆に心配しないでくれって伝えといて。

お前は(他の同級生男子)と付き合ってやれ、あいつ本当にいい奴だから、頼むな。好きなことやって生きろよ!じゃあ、そろそろ行くな』

 

そう言われた気がして急に涙がどっと溢れてきて、彼らが旅立ったように感じました。

 

 

子供の時から死にたいと思って生きていた私は、この同級生たちの死によって、自殺だけは絶対にしてはいけないと教えられた気がしました。

 

そして、とにかく、

 

いつ死ぬかわからないんだから、急いでいろんなことを体験しよう!やりたいことは全部やる!と決意したのでした。

 

その後、会話の中で言われた男性からまさかの告白を受けて、

 

あの時言われた内容が真実だったことに驚かされました。

 

 

私たち人間は、

 

誰かの死によって大きな気づきやエネルギーを頂戴し成長させてもらっていることをその時知りました。

 

だから、いただいたエネルギーを無駄にしない生き方をしようと思いました。

 

 

話を戻し、

 

病気は、その人の意識、生活環境、食生活の見直し等々、

 

180度生き方を根幹から悔い改める時期に来たことを伝えています。

 

事故の場合、上記に加え宿命が絡んでいます。

 

 

カルマを増やして生きることに良いも悪いもありません。

 

ただ、人はストレスが溜まると、

 

何かでそのストレスを発散しようとしますが、

 

一般的に、その何かがさらに意識を下げていることがあります。

 

この場合、副次的にネガティブを増長させることになります。

 

 

今の時代、

 

いい意味でも、悪い意味でも、やったらやった分、

 

それ以上がついてくる時代なので、

 

道から外れて生きている時は、あらゆる不調和も顕現してきます。

 

精神状態、肉体面、対人面、仕事面etc

 

真の意味で、悔い改めることが何なのかを問われているのです。

 

 

病気にならないと気づけないほど、与えられた命に対する意識が低く、

 

生かされていることにも感謝がない、それは高次意識と周波数を合わせることは困難ですよね。

 

何か聞こえるとすれば自分のエゴです。

 

これをオラクルとして伝えている占い師は実際にいます。

 

自分に痛みがあるので人を支配することに快感を持ちます。

 

人の関係を崩すのが趣味みたいな占い師も残念ながらいますよ。

 

皆さんはならないと思いますが、

 

媒体となる人間がこれじゃぁ、接した人間の人生は絶対に良くなりません。

 

 

 

サロンを開業する前、

 

私のガイドから教えられたことは、

 

これからの時代は、

 

姿形ごまかせない時代、すべてに現れるからわかるのだと、

 

低次元の悪影響を受けている人間は確実に膨張していると言われました。

 

これは、5年前にも神様から念押しのように明確に教えられました。

 

 

病気を患うことで、

 

すぐに気づいて治って変わる人と、

 

傲慢のまま変われない人とがいます。

 

わかっていることは、

 

医療に依存して生きる人間は覚醒しません。

 

 

わかる人にはわかると思います。

 

 

かつて会社員だった私は、

 

年がら年中、不調や病気を患って生きていましたが、

 

それらすべてを改善しました。

 

 

10年前、

 

人様をリーディングするにあたって、

 

一流のヒーラーになるにはどうしたらいいか?とガイドに聞いた際、

 

神の仕事をする媒体だから体の管理を徹底するよう言われました。

 

それから私は、セッションや講座が始まる前に固形物を体に入れません。

 

仕事が終わった後に食事を取ります。

 

 

ここで変なものを食べると、一気に血糖値が上がって危険なので、

 

必然的に体に負担のないものを食べるようになりました。

 

仕事が休みの日は、3次元的生活を楽しみ、三食も食べます。

 

優秀なヒーラーやリーダー、ティーチャーや師範になりたい人は、

 

自分という神社の手入れと管理を徹底すべきでしょう。

 

経験が浅かろうが、精度の違いは顕著です。

 

 

ことあことcote a cote

9:00~18:00

不定休

完全予約制